脱水症状からの熱中症の種類と対策 経口補水液と暑さ指数とは?

熱中症と脱水症状

段々と暑さが厳しくなってきました。
昼間は溶けてしまいそうですよね。

上からの太陽の照り付けと、下からのアスファルトの照り返しで
汗はダラダラ、喉はカラカラです。

更に、室内の冷房による室外との温度差で体温調整も上手くいかないこの季節
熱中症や脱水になるリスクが高まります。

普段から水分補給をしている方でも、夏は特に意識して飲まないと
脱水症状を起こしますので注意が必要です。

脱水症状を起こし熱中症にならないためにも、
バランスの崩れた体内に最適な水分を取るようにしたいものです。

そんな時、上手に水分と塩分をバランスよく補給でき、体内調整を計る飲み物、
経口補水液がおススメです。

実際、CMとかで見かけたことがある経口補水液。
一体どんな風に弱った体に適しているのか、一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク
 

脱水症状による熱中症の種類

熱中症とは、体の水分や塩分のバランスが崩れる脱水から起きる症状です。
熱中症は大き4くつに分類されます。

●熱失神
あまり聞きなれない名前ですが、熱中症ひとつです。
血管が拡張することで血圧が低下し脳への血流が少なくなります。
脈は速くて弱くなり、「めまい」や「たちくらみ」、「顔面蒼白」を起こします。

●熱けいれん
炎天下の中でスポーツをしたり、重労働をしたりして大量の汗をかいたのに
水だけを補給して、塩分の補給をせずにいると血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下します。
そのとき手や足がつったり、こむら返りを起こしたりと、筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

●熱疲労
大量に汗をかいたのに体に適した補給ができずにいると、血液の水分が少なくなり脱水状態になります。
室内にいる場合でも起こることがあります。
そのせいで心臓から送り出される血液量が減り、脳や内臓に必要な血液が十分に行き渡らず、
「全身の倦怠感」「めまい」や「頭痛」「嘔吐」などの症状が現れます。

●熱射病
これはよく聞く名称ですね。
体温が激しく上がったことで、体の動きをコントロールする機能に異常が出た状態です。
「応答が鈍い」「言動がおかしい」「意識がない」などいつもの反応と違っていたりします。
またショック状態になる場合もあります。

夏の暑い時期はもちろんのこと、冬場でも熱中症になる「かくれ脱水」と言うものがあります。
冬場は、エアコンやストーブなど暖房器具を使うことにより、室内の気温が上がる為、乾燥しがちです。

お肌の表面などからも水分が減っていきますので、更に乾燥しますね。
乾燥することで意識しない内に体内の水分が減っていきます。

しかし、寒い冬はカラダを冷やしてしまうのではないかと、あまり水分を摂らなったりしますので、知らず知らずのうちに脱水症状になっている場合があるのです。

これが「かくれ脱水」だと言うそうです。

特に高齢者の方は、若い方と比べて体内の水分量が10%も少ないそうです。
更に喉が渇いたという感覚が鈍くなっていることもあり、脱水症状になりやすいと言えます。

また赤ちゃんなど小さいお子さんは、皮膚や呼吸からも体内の水分が減っていきますが
喉が渇いても、自ら水分を補給するという行動が起こしにくいこともあり
知らず知らずのうちに脱水症状になりやすいので注意が必要です。

そんな熱中症を引き起こす脱水症状に適した飲み物が経口補水液です。

熱中症対策の経口補水液とは?

経口補水液とは体から失われた水分や塩分を素早く吸収させるために、
ブドウ糖やナトリウムなどをバランスよく配合した飲み物です。
ブドウ糖とナトリウムを一緒に取ることで、水分の吸収が効率よく早くなると言われています。

経口補水液には大きく分けて2種類あります。
特別用途食品(病者用食品)に認定されたものと、清涼飲料水です。

特別用途食品(病者用食品)は、赤ちゃんや小さなお子さん、妊産婦さんや高齢者の方、持病がある人など、医師が必要と認めた人の成長や健康の維持や回復などに適していることを表した表示がされている食品の事をいいます。
薬局やドラッグストアで購入できますがコンビニやスーパーなどで手軽には購入できません。
ネットショッピングで購入することができます。
現在、特別用途食品としての経口補水液は大塚製薬のos-1(オーエスワン)のみのようです。
特別用途食品に登録されていますので、手軽にコンビニなどで購入できない分、飲み方にも注意が必要です。ガブガブと飲むものではありませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

清涼飲料水とは、乳性飲料やアルコールを含まず、味が付いていたり香りがする飲み物のことをいいます。私たちが普段から飲んでいるものの多くが清涼飲料水です。
また自動販売機やコンビニなどで手軽に買うことができます。
手軽に購入できますので、お水だけでは補給できないナトリウムなども一緒に摂取出来るように日ごろからの脱水症状を防ぐ用に持ち歩いたりするには便利な飲み物です。

熱中症指数の暑さ指数は「25」と「42」?

「25」と「42」さて、なんの数字でしょうか?

熱中症は気温25℃以上、湿度42%以上を超えると熱中症になりやすく
とても注意が必要になります。積極的に水分を補給することが大切です。

環境省の熱中予防情報サイトでは
暑さ指数という人間の熱バランスに影響の大きい気温・ 湿度・輻射熱の3つを取り入れた温度を使って
熱中症の危険度を判断しています。
輻射熱とは、地面や建物・体から出る熱のことで、温度が高い物からはたくさん出ます。
炎天下の車の横や、アスファルトに近づいたときに感じるあの暑さです。

暑さ指数なんて、子難しいわ~って思うあなたは、
この「25」と「42」、気温25度、湿度42%を覚えておくと良いでしょう。
ただし、この数値に関係なく、喉が渇いたら水分を補給し、体調がおかしいと思ったら
しっかりと休息を取りましょう!

特に小さな子供さんは自分ではなかなか水分を補給できないでいたり、
高齢者の方は、喉が渇いたなどの症状を感じにくいので、出来るだけ
周りの方が気にしてあげるように注意しましょう。

脱水症状による熱中症と経口補水液のまとめ

最近では熱中症対策が当たりまえになってきました。
真夏に屋外に居るだけで熱中症になってしまいます。
暑い屋外、涼しい室内の温度差に体温調整が難しくなり
上手く汗をかくことができずに熱中症になってしまいます。
水分補給と同時に暑さ対策も心がけて楽しい夏を過ごしましょう!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする