地蔵盆のお供えのお菓子や金額はいくら?封筒やのしの書き方は?

地蔵盆のお供え

関西地方では馴染みのある地蔵盆。
カラフルな提灯が印象的ですね。

関西以外の地域から引っ越ししてきたり
お嫁に来たりすると、地蔵盆を初めて経験するのではないでしょうか?

地蔵盆は8月23日、24日に行われる街角のお地蔵さんのお祭りになります。
お寺や神社のお祭りと異なり、子供たちの健康や成長を願った子供たちのためのお祭りです。主に関西地方に多く見られる風習の一つで、子供たちはお菓子をたくさんもらえるので、
今でいうハロウィンみたいな感じでしょうか?

関西に着てから今回初めて地蔵盆を体験する!という人や
今まで参加したことが無かったけど地域の子供たちのために!と考えている人の為に、
地蔵盆のイベント時に必要なお供えについて調べてみました。

スポンサーリンク
 

地蔵盆のお供えのお菓子や金額について

地蔵盆にお供えするものは地域によってさまざまです。

お金やお菓子、くだもの、お花などをお供えすることが一般的で、
地蔵盆でお供えするお金の事を「ほうがん」と呼びます

ほうがんは、

・各家庭からお供えする場合
・町内会が各家庭ごとに徴収する場合
・町内会費からまかなう場合
・町内会費と各家庭から徴収して合わせるお供えする場合

などがあり、ほうがんは大体一家族につき3000円前後が平均的です。
地域によって、ほうがんの集め方はざまざまです。
また「ほうがん集め」といって子供たちが各家庭を回って集めることもあります。
(ハロウィン時の子供がお菓子をもらいに回るみたいですね!)

またお菓子をお供えする場合は、
小分けにされたお菓子や一つずつ梱包されたお菓子を用意しましょう。

それは、地蔵盆が終わってから子供たちに配るためです
地蔵盆は子供たちのためのお祭りなので、このお菓子配りがメインであるといえます。

地蔵盆では、子供たちに配るお菓子やくだものは「おさがり」と呼んでいます。
お坊さんにお経をあげてもらった後、「お下がり」は子供たちで平等に分けます。

子供たちがメインですが、
一番大切なのは、お菓子や果物、お料理でもまずは、
「仏様に召し上がっていただく」と言うこと、仏前に供え、
手を合わせお参りし、そのお供えを下げて分ける、とうのが重要です。

地蔵盆のお供えでのし封筒の書き方は?

地域によって地蔵盆の決まりごとは様々なのでいろんなパターンがあります。

一般的には

お菓子の箱などのお供えは、のしに「御供」と記してお供えします。
仏事なので、掛け紙の色は「黄白」でも構いませんが
地蔵盆はおめでたい事でもありますので「赤白」を使う人が多いようです。

ほうがん(現金)を包む金封も、「黄白」でも「赤白」でも大丈夫です。
表書きの多くは「御供」です。

スポンサーリンク

でも、お菓子も一緒にお供えする場合は「御供」が重なるので、
「御佛前」または「御尊前」などと書きます。

そのほか、赤白の水引を使う場合は「お供え」「灯明料」
黄白の仏事用を使う場合は「志」と書いたりもします。

また、のしの下の方には子供の名前を書きます
家庭に子供がいない場合は大人の名前でも構いません

いずれにおいても地元のマナーが、最も正しい方法となります。
町内会で聞いてみるものいいですね。

子供のための地蔵盆だけど大人も楽しめる?

お盆の時期に行われることから、地蔵盆という名前がついたといわれており
子供のためのお祭りなのに、意外と大人も楽しめる大きな縁日などが開催されたりします。

私が住む大阪の天王寺区では、盆踊りや福引、数珠繰り、護摩焚きなど
各町内で趣向をこらした行事が行われ、
お年寄りから子どもまで楽しめる地域に密着したお祭りになります。

主道路を挟んで、提灯が連なり屋台がたくさんでます。
夏の最後のお祭りを子供たちと一緒の楽しめます。

地蔵盆のお供えについてのまとめ

いかがでしたか?

初めての場合は戸惑うこともあるかもしれませんが、
町のお地蔵様をきれいに洗って、前垂れをつけたりとおめかしして
子供たちの健康と成長を祈るお祭りです。

少子化が進んでいるので、だんだんと薄れ始めてる風習ですが
お盆の時期にある昔ながらの楽しいお祭りです。

子供たちの元気な声をきくと、大人の私たちも元気になりパワーがでます。
子供って不思議ですね。
そんな子供たちを地域で見守っていこうというお祭りです。
機会があればぜひ参加してみてくださいネ!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする