夏の紫外線 髪のダメージがすごい!日焼け対策と頭皮の回復

髪や頭皮の夏の紫外線対策

頭皮はカラダ全身の中で、太陽から一番近い所にありますね。
なので、太陽から紫外線を一番多く受けます。
頭皮は顔の3~5倍以上の紫外線を浴びているとも言われ、
紫外線によって頭皮や髪が受けるダメージはヘアアイロン、パーマ、カラーなどの
痛みの原因よりもはるかに多いのです。

実は、髪の傷みの原因のほとんどは紫外線によるものと言われています。

実際、顔や手足の紫外線予防には気をつけても、頭皮の紫外線対策は忘れがち。
髪や頭皮に受ける紫外線を気にする人は少ないと思います。

しかし、髪や頭皮も顔や手足の肌と同様です。

気が付いた時には、髪はパサパサして枝毛に切れ毛や茶色に脱色、
頭皮は硬くなり乾燥、薄毛になりやすくなるなどの原因になります。

今回は紫外線による髪や頭皮の影響とケアについて考えてみました。

スポンサーリンク

夏の紫外線が髪にダメージを与えると・・・

外出から帰ってきたとき、頭のてっぺんを触ったみると
熱くなってることに気が付く人は多いと思います。

紫外線は空気中で散乱する特性を持っています。
地面や建物などで紫外線が反射するため、屋外では全方向から紫外線を浴びることになり、
曇りの日でも、日陰にいても日向と同じ程度の紫外線を浴びます。

しかし顔や手足はキチンと紫外線対策をしてガードしているけど、
髪や頭皮はそれ程紫外線を意識していないのでノーガード、ノーケア。
無防備なままの方が多いと思います。

紫外線をダイレクトに浴びてしまうと髪や頭皮はどうなるのでしょうか?

【紫外線による髪や頭皮へのダメージ】
・皮脂を酸化させ毛根を萎縮、髪の成長を妨げる要因になります。
・キューティクルがはがれやすくなる。
・髪が乾燥しツヤがなくなり、パサつきが多くなる。
・髪の柔軟性がなくなり、切れ毛や枝毛が増える。
・紫外線がメラニンを分解するので、髪の色が褪せて赤茶けた色になる。
・カラーの色が落ちやすくなる。

女性らしさの象徴でもある髪は、年齢も出やすい部分です。
髪や頭皮への紫外線対策を怠っていると、気付かないうちに光老化が徐々に進んでしまいます。
紫外線の影響によって髪の老化が進むと、抜け毛、薄毛、白髪増量の原因になり、
潤いやツヤのないパサついた髪は老けた印象を与えてしまいます。

髪の毛の日焼け対策 紫外線から髪や頭皮を守るには

「紫外線=日焼け」です。
日照時間が長い夏の時期は特に注意が必要です。
体の中で太陽に一番近い位置にある頭皮や髪の毛が受ける紫外線量は、
顔や手足に比べて3~5倍以上といわれています。

夏こそ紫外線対策は怠らずに顔や体に日焼け止めを塗るように、
頭皮や髪にも日焼け止めを使い髪を紫外線ダメージから守る必要があります。

●UVカット効果のあるトリートメントを使う
UVカット効果のあるトリートメントは、紫外線から髪を守りながら、
髪にツヤを持たせる効果もありますので髪に優しいアイテムです。

●UVカットスプレーを使う
塗るタイプの日焼け止めのようなベタベタ感がないうえに、顔や体にもそのまま使えるものが多いのでとても便利です。
また臭い防止などフレグランス効果のあるUVカットスプレーもあり、夏の汗などの体臭をカットすることにも役立ちます。
ただし、スプレータイプの日焼け止めは

スポンサーリンク

・効果が長時間持続しにくい
・汗や皮脂で日焼け止めが落ちやすい

といったデメリットもありますので、2~3時間おきに付け直す方が効果的です。

●帽子や日傘を使う
【日傘の選び方】
なるべく濃い色で厚手やポリエステル製の物がお勧めです。
色によって紫外線の透過率の違いは、
黒っぽい色→1.67%に対して、白っぽい色→19.37%と
圧倒的に黒色の方が紫外線を防いでいます。

【帽子の選び方】
帽子は薄めの色で圧迫がなく、通気性が良くツバの広い物がおすすめです。
なかでも麦わら帽子がベスト。
頭に熱がこもらず通気性も良く、そこそこツバあり紫外線対策に最適です。

●分け目を変えたりヘアアレンジをする
以外に気にしてないかもしれませんが、いつも同じヘアスタイルだと
日焼をする部分も同じところばかりになります。
時々、髪の分け目を変えたり、ヘアスタイルを変えたりして
頭皮の同じ部分が日焼けしないように工夫することが大切です。

紫外線による髪や頭皮のダメージ回復方法

髪や頭皮も顔の肌と同様、日々のケアが重要です。

髪や頭皮のダメージケアは、顔と同じく保湿が重要となります。
紫外線によって受ける直接のダメージは、乾燥と炎症です。

日焼によってヤケドした頭皮は炎症を起こしています。
頭皮から潤いがなくなると乾燥してしまいフケやかゆみなどのトラブルに。
髪のケアをするためにも、頭皮の保湿をしっかりとすることが大切です。

夏の日差しが強い屋外で、長時間作業をしたり遊んだりした日は、
シャンプーの後に、潤い成分をより多く含むコンディショナーで
髪や頭皮に適度な油分と水分を補給することがダメージケアの最重要ポイントです。

紫外線による頭皮と髪のダメージも気になりますが、
汗と皮脂の酸化によるダメージにも注意が必要です。
刺激の強いシャンプーなどで髪や頭皮に負担をかけないように
正しいシャンプーで頭皮を清潔にしたり、頭皮用コンディショナーを使って
頭皮のダメージ回復に努めましょう。
また、強い過度なブラッシングで頭皮に負担をかけないことも重要です。

紫外線で髪のダメージと日焼け対策と回復についてのまとめ

意外と気にしていなかった髪や頭皮への紫外線対策。
なかなか顔や手足のように十分なケアが出来ていないのでは?

紫外線は年中あります。
特に夏は紫外線の量も多い上に、イベントや外出の機会も増えるので
是非とも忘れずに紫外線対策を!
光層化防止でいつまでも若々しい髪美人を目指しましょう。

でも紫外線アイテムを追加するとチョットダサくなるのは確かです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする