40代の紫外線対策 夏の肌トラブルとスキンケアのポイント

紫外線対策

一言に紫外線対策と言いますが、紫外線が一番強い時期をあなたはいつか知っていますか?
紫外線は一年中ありますが、もっとも強い時期は7月です。
5月頃から強くなり、7月にピークを迎えます。
紫外線が一番強い時期は、以外にも8月の真夏ではないのです。

私が勤めている皮膚科でも5月ごろから急に
顔のシミが気になるとか、くすみを取りたいとか、シワを伸ばしたいとか・・・
今までは気にならなったのでは?と思うアラフォー世代以降の女性が
驚くほど多く来院されます。

きっと紫外線対策とシミなどのお肌のトラブルについて
メディアなどで言われ始めるのでしょうね。

紫外線による日焼けやシミの悩みで皮膚科に訪れるのは
大体が40代以降の方が多いです。

やはりなかなか肌トラブルが改善されにくい年齢と
肌の老化が目立ってくるのが40代なのです。

そこで今回は40代の夏の紫外線対策について考えてみました。

スポンサーリンク

40代の紫外線対策に知っておくべきこと

紫外線は、日焼けやシミの原因として有名ですね。

紫外線には「UVA」と「UVB」「UVC」に区別され、光の波長によって肌への影響が異なります。

肌への影響が大きい「UVA」と「UVB」の紫外線を浴びると、大量の活性酸素が発生します。
活性酸素が発生すると細胞が酸化します。それを防ぐために皮膚の一番深いところからメラニンという色素を作り出そうとします。
メラニン色素が出来て肌が黒くなるのは、紫外線が肌の奥まで届かないようにブロックする働きなのです。

しかし40代にもなると加齢にる老化現象で肌の新陳代謝が悪くなります。
普通、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が正常であれば、このメラニン色素は古い細胞とともに垢となっておちます。 しかしターンオーバーが乱れると、皮膚に色素沈着として残ってしまいます。これがシミなのです。

40代は、若いころと比べて肌のターンオーバーの周期が遅くなります。
若い頃は、ほぼ1ヶ月(28日周期)で肌のターンオーバーが行われていたのに、
40代になると45日ほどもかかってしまいます。
若い時よりターンオーバーが遅い分、肌の健康状態が変化して乾燥しやすく、くすみやシミが目立ってしまうのです。

さらに最近では、紫外線が体全体の免疫力を低下させることもわかってきました。

紫外線は、肌の老化を早める要因をたくさん持っています。

夏の紫外線が肌トラブルを引き起こす光老化

夏の紫外線は四季の中で最も強く、日照時間も長いです。
それだけ、ほかの季節よりも紫外線を浴びている時間が長いと言えます。

この夏の紫外線対策を怠っていると夏に受けた肌へダメージが秋口頃になって
さまざまなトラブルとなって出てきます。

急に目尻や口周りの小じわが気になりだしたなんて経験はありませんか?
紫外線は日焼けだけにとどまらず、コラーゲンを破壊して肌の乾燥も引き起こします。
このため皮膚は弾力を失ってたるみ、ひだができ、シワを発生してしまいます。
また皮膚の細胞を傷つけ、皮膚の免疫力も低下させます。

スポンサーリンク

加齢によって自然に出来ると思われていたお肌のトラブルの原因は、
実は紫外線が80%も占めているのです。これを「光老化」といいます。

私たちのお肌は日々、紫外線が原因の光老化のリスクにさらされています。
皮膚だけではなく髪や頭皮にも光老化のダメージを受けています。

しかし紫外線が原因の光老化は対策することで予防出来ます。
いつまでも美しい肌のままでいるためにも紫外線対策は重要なのです。

夏のスキンケアポイント

夏のスキンケアで重要になって来るのが紫外線対策です。

紫外線で注意することは太陽光を浴びてすぐ起こる日焼けではなく
徐々に蓄積されてくる光老化です。
本来、1年中の紫外線対策は皮膚の老化に対して必須条件です。

日常すぐできる紫外線対策で光老化を防ぎましょう。

・紫外線の強い時間帯を出来るだけ避ける

紫外線は太陽が昇ると共に徐々に増えます。
最も多い時間は14時頃で、10時~14時の間に1日の50%の紫外線が
降り注いでいると言われています。
 
・日陰を利用する
道を歩く時も極力日陰を見つけて歩きましょう。
外にいる時、駐車するときなど、出来るだけ日陰を見つけて利用しましょう。

・日傘を使う、帽子をかぶる
結構めんどくさいです。日傘は荷物にもなるし、帽子は髪の毛が乱れる。
でもお肌の為に頑張りましょう。熱中症対策にもなります。

・袖や襟のついた衣服で覆う
日焼け防止の定番ですが、効果ありです。
私が勤めている皮膚科の先生も車の運転中は長袖を着ると言ってました。

・サングラスをかける
日本人はなじみが薄いですが、目の紫外線対策に効果的です。
照り返しの光の予防にもなって眩しさも半減します。

・日焼け止めを上手に使う
以前は日焼け止めでカブレる、と言う話も聞いたことがありますが
今は肌への負担が少ない商品がほとんどです。

日焼け止めの表示にある「SPF」や「PA」は紫外線を防ぐ効果を「+」の数や
数字で表示しています。「+」の数が多く数値が大きいほど効果が高い反面、
肌に負担がかかるという一面もあります。
肌の弱い方などは試し塗などして自分に合ったものを選びましょう。

そして、汗をかいたら小まめに塗り直す、ムラなく塗る、瞼など塗り忘れてないか?
そして一日の終わりには、キチンと洗い落としましょう。

40代の紫外線対策についてのまとめ

私は、紫外線による日焼けなどはあまり気にしていないのですが
やっぱり若くありたい思いはあり、乾燥やシワなどは気になります。
紫外線は、肌の老化に繋がりますので日焼を気にしていない人でも
スキンケアは欠かさずやりましょう!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする