熱中症対策に塩分補給がなぜ必要なのか?塩分の取りすぎにならない?

熱中症の塩分補給について

熱中症は水分や塩分が不足して、めまいや吐き気、痙攣などを起こす言われています。

熱中症対策や熱中症予防で、水分補給はもちろん、塩分もまめに補給しておけば、
熱中症にはならないのでしょうか?

私は普段、屋内で仕事をしています。
水分はまだ小まめに補給している方だと思いますが
私のような普段オフィスワークや、室内での作業が多い人も
塩分補給が必要なのでしょうか?

スポンサーリンク
 

熱中症の症状で塩分不足の人ってどんな人?

熱中症とは簡単にいいますと
長時間、高温多湿環境にさらされることによって全身の皮膚の温熱機能に障害が出ることを言います。体温の上昇を伴わない熱虚脱や熱けいれんと、体温の上昇を伴う熱射病(日射病)があります。

日常の中で、高温多湿環境と言えば、屋外の労働やスポーツがあります。
普段から高温多湿の環境で働いたり運動をして大量の汗をかく人は、水分と一緒に塩分不足にもなり熱中症になりやすくなります。

そうした高温多湿の環境で働いたり運動をして大量の汗をかく人は、意識して水分補給と塩分補給が必要です。

大量に汗をかくと脱水状態になります。
脱水状態にあるときにお水だけを多く飲むと、体のナトリウムの濃度が下がり、
喉の渇きを感じなくなるので水分補給の行動が止まってしまいます。
これを自発的脱水といいます。

塩分補給をせずに、水分補給だけでお水の飲み過ぎで自発的脱水にならないように気を付けるためには、ただのお水ではなく、塩分と糖分を含んだ水分を摂取すると、体内への水分の吸収が早くなるので脱水からの回復のスピードが速くなります。

熱中症予防の環境が整った場所での作業やほとんど汗をかかない生活の人は普通の水分補給で、意識して塩分補給をする必要はありません。
少量の汗の場合は水分が99%であり、ほとんど塩分は出ていません。

人は、なぜ塩分が必要になるのか?

子供のころ、汗をかいた皮膚を舐めて見たことはありませんか?
私はしょっぱかったのを覚えています。

かいた汗がしょっぱいのは、汗に塩分が含まれているからです。
これは、汗をかくということは水分だけでなく体内の塩分も失われていることを意味します。

塩分はナトリウムと同じと思われますが、正確には同じ物ではありません。
ナトリウムというのは、食塩に含まれる成分のひとつです。
食塩は、塩化ナトリウムという物質から出来ています。

話がズレてしまいましたが、簡単に、塩分=ナトリウムとして考えたとして、
汗をかいたとき、水分と共にナトリウムも一緒に失われます。
またマグネシウムなどのミネラル分も体外に排出されています。

汗と一緒に塩分を含むミネラル成分が体外に排出されると血液のミネラルバランスが崩れます。
塩分が不足することで、私たちが生きていくために必要不可欠な新陳代謝が低下して
さまざまですな症状が現れます。
熱中症で言えば、脱力感、めまい、意識が遠のいたり、脱水症状、ひどくなるとけいれん発作や、いきなり、心停止などのリスクが増えます。

スポンサーリンク

このように適度な塩分が足りなくなることによって色々な症状が出てしまうのです。
ですから、水分と共に、失われた塩分の補給が必要になるのです。

熱中症になりやすい環境で汗を大量にかいた時の塩分の取り方

日本人の一日の平均塩分摂取量は、男性は10.9グラム、女性は9.2グラムです。
厚生労働省では一日の塩分摂取目標量を、男性8.0グラム未満、女性7.0グラム未満にしています。日本高血圧学会が提唱する高血圧患者の塩分摂取目標量は一日6グラムです。

なんだか数字にすると難しいですが、屋外でスポーツや労働をして大量の汗をかいた場合の塩分補給として、水分、塩分、電解質が含まれたスポーツドリンクや経口補水液が適しています。

経口補水液は、脱水状態時に不足している電解質を多く含み、素早く吸収できるよう糖質が少量入った飲み物です。経口補水液は、他の飲料と比較して塩分が多く含まれていますので塩分の取り過ぎになる可能性がありますので、通常の水分補給には適していません。

それに対して、スポーツ飲料は経口補水液より電解質濃度が低く、糖質濃度が高くなっています。こちらも糖分の摂り過ぎになる可能性がありますので、必要以上に摂り過ぎないように注意しましょう。

通常の水分補給や脱水症状の予防には、お茶や水の方が適しています。

熱中症対策に塩分補給がなぜ必要なのかについてのまとめ

こうしてみると
何か一つでも欠けると不調が出る人間の体は不思議な事が多いですね。
健康を維持するためにも自己管理がとても重要になってきます。

これからどんどん熱くなって、少し外に出るのも億劫になってきますが
暑さに負けることなく、元気に夏を楽しみたいです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする