40代は熱中症になりやすい?体質変化と更年期障害との関係は?

熱中症と更年期障害

夏の暑い季節がやってくると、気を付けたいのが熱中症ですね。
熱中症と言えば、高齢者や子供に多いと思いがちではありませんか?

確かに、免疫力の低い人の方が熱中症になるリスクは高いと思います。

しかし最近では、働き盛りの40代の方が熱中症になったというニュースなども目にしますね。
特に男性は労働中の熱中症患者多いみたいですが、それは自分には体力もあり健康なので
夏バテとは無縁だという過信から、熱中症対策をしないことが原因の一つの様です。

これは女性にも言える事ですよね。
近頃では、女性の社会進出が目立ってきて、男性と同じように
バリバリ働く女性が増えてきています。
また40代は最も多忙な年齢でもあり、仕事にプライベートに大忙しです。
まだまだ体力も有り余っていると考えがちなので、少ない時間の中で、やりたいことを
たくさんやってしまい、意外と疲労しています。
しかし体は正直です。知らず知らずのうちに熱中症のリスクも増えています。

スポンサーリンク
 

体質変化 体力の衰えを感じる年齢は40代から

そして40代は、男性も女性も体質の変化を感じるようになります。
今まで出来ていた事などが出来なくなったり、体力低下や回復も遅くなります。
よく「お肌の曲がり角」なんていいますが、40代は「カラダの曲がり角」です。
「40才になったら体質が変わる」とよく言ったものです。
ホルモンのバランスが崩れ始め、さまざまな症状を引き起こし易くなります。

特に女性は更年期に向けて、体質の変化が症状として現れ始めます。
それが更年期障害です。

更年期障害は閉経前後のおよそ10年間の間に起こる症状で
女性ホルモン(エストロゲン)の急激な減少により自律神経のバランスが崩れて起る症状です。頭痛やめまい、身体のほてりや顔が突然熱くなって首や背中に汗が流れるホットフラッシュという症状などがあり、体温のコントロールがうまくできません。

そうすると夏の暑い季節は高齢者や子供と同じように、
高温多湿の気候の暑さに加え、更年期の症状である体温調節機能も弱まり、
免疫力も低下し、夏バテや日射病などの熱中症にかかりやすくなるのです。

更年期と熱中症の違いは?

更年期と熱中症の症状はとても良く似ています。
共通する代表的なものは体温調整機能の低下です。

熱中症も更年期も体温のコントロールが上手く出来ないことでそれぞれの症状が現れます。

●熱中症
・めまいや顔のほてり
めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状
一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。

・筋肉痛や筋肉のけいれん
「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状
筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなることもあります。

・体のだるさや吐き気
体がぐったりし、力が入らないなどの症状
吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります。

・汗のかきかたがおかしい
ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていないなどの症状
普段の汗のかきかたと違うなどの異常がある

・体温が高い、皮ふの異常
体温が高くて皮ふを触るととても熱い、皮ふが赤く乾いているなどの症状

・呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。
体がガクガクとひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの異常があるときは、
すぐ医療機関を受診しましょう。

・水分補給ができない
呼びかけに反応しないなど、自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態です。
むりやり水分を口から飲ませることはやめ、すぐ医療機関を受診してください。

スポンサーリンク

●更年期障害
・ホットフラッシュ(ほてりやのぼせ)
突然、顔や体がカーッと熱くなる
涼しいのに、汗が止まらない
ドキドキがとまらない

・動悸や息切れがある
激しい運動もしていなのに胸が急にドキドキする
寝ている時も急に胸がドキドキする
ちょっと歩いただけで息が切れる

・寝汗(発汗)
寝汗がひどくて良く眠れない
夜中に暑くて目が覚める
寒いのに寝汗をかく

・むくみ
以前よりむくみやすくなった
寝起きに顔が腫れる
足がむくんで靴がはけない
指がむくんで指輪がはいらない

見比べて見ても、共通する症状が非常に多くあります。
症状が出た時、熱中症なのか更年期障害なのかわからい場合が多いです。

夏の気温が高い日や湿度が高い日、また置かれている環境についても
しっかり自分でモニターし、自分の体調をチェックすることが大切です。
熱中症、更年期障害のそれぞれの症状に合わせた対策が必要です。

40代の熱中症と体質変化や更年期障害についてのまとめ

私も現在42歳です。
今までの人生の中で一番多忙を極めています。
そして、体力もまだまだ十分にあると過信しがちなのも事実です。

確かに30代の頃よりは、体力の回復が遅くなった気がします。
徹夜の仕事などがきつくなってきたり、風邪の治りが遅くなったりしてるのを感じます。
また、白髪も目に付くようになってきました。

気持ちとは裏腹に、確実に体質の変化は起こっていますし
まだ症状はないにしても、更年期の年齢が迫ってきています。
それに加えて、熱中症になりやすい環境下での生活も年々増えています。

いつまでも若いと侮らず自分を見つめ、年齢にあった対策を考えておくことが大切ですね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする