梅雨期の犬のレインコートは必要?散歩後のケアとストレスフリーに向けて

雨が多い梅雨の季節は、犬の散歩が大変ですね。

犬によっては、雨の中、散歩に行きたがらないワンちゃんもいるでしょう。
雨でも散歩に行きたい!とせがむ犬の方が少ないかも知れません。

雨の日に散歩に行くことで困ることは、犬が濡れてしまうことですね。
もちろん飼い主である人間も傘やカッパを着ないといけませんので
荷物も増え、手間がかかります。

我が家の犬は、シュナウザーがメインのミックスの雑種で
シュナウザーカットをしています。

シュナウザーカットの特徴は胴の毛より足の毛が多いので
雨の日の散歩では、当然、足がビショビショに濡れます。
足だけにとどまらず、全身はもちろん、腹部の胴回りは酷く泥だらけになります。

雨に濡れると、犬って臭いますよね。

そのせいで、毎回、散歩から帰るとシャワーをすることになります。
ビショビショになった体は、部分シャワーという訳にはいかず、がっつりシャンプーします。
シャンプーが嫌いな犬ですので、時間もかかり、私自身の体力も消耗します。

そうした、ワンちゃんにとってもストレスになるシャンプーや
飼い主さんの負担の軽減の為に、雨の日の散歩には、犬のレインコートがおススメです。

スポンサーリンク
 

犬のレインコートが必要なワケは?

もちろん犬のレインコートのタイプによるとは思いますが、
犬にレインコートを着せることで、完全に雨による汚れを防げる訳ではありませんが
少なくとも全身シャンプーをするまでの汚れは避けれます。

雨の日が続き日、レインコートを着せずに散歩をすると
毎日シャンプーをすることになりますので大変です。
ですが、大変なこと以外にも、気を付けないといけないのは、
毎日のシャンプーは、犬にとっても良くないことです。

犬のレインコートが必要な理由は、雨の汚れを防ぐだけはないのです。
愛犬と飼い主さんのいろんなストレスを軽減してくれる優秀なアイテムなのです。

雨で汚れた犬をキレイに。でも過度のシャンプーは危険!?

過度のシャンプーはワンちゃんの皮膚を傷める原因にもなります。
雨が続くことで、散歩の度に犬を洗ってしまうと、本来必要な皮脂まで洗い流してしまいかねません。また、乾かすためのドライヤーも皮膚を乾燥させる原因にもなります。

必要な皮脂が無くなり、ドライヤーで皮膚が乾燥なんて、人間でもお肌のトラブルになりますよね。ワンちゃんも一緒です。

過度なシャンプーは犬の皮膚を痛め、乾燥やフケ、皮膚炎などの皮膚疾患を起こす原因に
なってしまう場合もあります。

犬のシャンプーは酷く汚れない限り、月に1~2回のシャンプーにが適正なのです。

シャンプーが苦手なワンちゃんはストレスが増して、余計にシャンプーが嫌いになってしまうでしょう。
我が家の愛犬はお風呂場に入れるだけで、震えあがります。

意識してケアしてあげたい場所

愛犬が指の間を舐めているしぐさを見たことがありますか?
我が家の愛犬は、指の間を舐めていました。
寂しさからくる行動なのかと思っていたのですが(そうゆう場合もあるようですが)、
もしかしたら、指の間のケアが行き届いておらず、気持ち悪かったのかも知れません。
シャンプーの後、指の間も小まめに拭いてあげたら、いつの間にか舐める行動は無くなりました。

犬の皮膚疾患に多いトラブルの一つに犬の指の間の炎症があります。
その多くは、お散歩後のケアの仕方に原因があります。
・シャンプー後の乾かしはタオルドライのみ場合
・指間までは乾かしていない場合

スポンサーリンク

実は私もそうでした。
ドライヤーも大嫌いなので、シャンプー後に脱衣所に出すと一目散に逃げてしまいます。
捕まえようと思っても、噛みついたりした、ジッとしていることはありません。
なので、指の間までケアすることなんて考えてもいませんでした。
それが度重なることで、犬の指の間を舐める行動になっていたのだと思います。
指の間にもしっかり毛がありますし、乾燥しにくい場所でもあるので
体全体を乾かしてあげるのと同時に、指の間も意識してケアしてあげるのがベストです。

犬のレインコートはどんなタイプがおススメ?

では、どんなレインコートがベストなのでしょうか?
現在、販売されている犬の雨具には、下記のようなものがあります。

・レインコート
足首まで隠れるものなどいろいろなバリエーションがあります。
犬種に合わせたいろんなタイプがありますのでおすすめです。
ただし頭や手足を通すタイプのものが多く、
嫌がる犬の場合、着脱にストレスを感じるかも知れません。

・マントタイプのレインポンチョ
比較的安価で手軽な雨具です。短毛の犬種に向いています。
ワンちゃんの頭や手足を通すことなく着脱できますので
犬にも飼い主さんにもハードルが低いレインコートです。

・泥除けエプロン
ダックスフンドなどの足の短い犬に向いています。
地面からの雨や泥の跳ね返しをガードしてくれます。

・フローティングベスト
ウォータースポーツなどでも活躍するライフジャケット。

・お散歩傘
リード一体型の犬用傘。
レインコートを嫌うワンちゃん用です。

私の経験からいうと、足首までカバーするオーバーオールタイプのレインコートです。
足首までカバーするレインコートの良い所は、やはり、濡れる面積が少なく、
跳ね返りの泥も減らせることだと思います。

オーバーオールタイプは、ワンちゃんの手足をしっかりと覆ってくれるため、
雨に濡れる面積が少なく泥ハネによる汚れも軽減してくれるます。
しかし、先ほど述べたように顔や手足を通して着させるものが多いので、
嫌がる犬の場合は、着脱に苦労するかもしれません。
慣れてくると意外とすんなり着てくれます。

レインコートを選ぶ時の注意すべきポイント

もう一つ気を付けてレインコートを選んでほしい事があります。
我が家の愛犬も、どちらかと言うと毛長のタイプです。
犬用レインコートには、マジックテープで留めるタイプの商品が多くあります。
長毛種のワンちゃんの場合はマジックテープに毛が絡まりやすいので、脱ぐときに痛い思いをさせてしまう可能性があります。
そういうストレスを与えないためにも、毛長の犬にはマジックテープではなく、
スナップボタンやファスナーで留めるタイプを選ぶと、毛の巻き込みがなく安心です。

犬のレインコートは必要?についてのまとめ

基本、室内犬でも犬種によっては毎日散歩をしてあげないといけない
ワンちゃんもいます。
雨の日の散歩は、飼い主さんにも億劫になるものです。
カサをさしながらなんて、ほんと大変ですよね。
おまけに、散歩から帰ってきたら、足や体を拭いてあげたりと
また一苦労ですから出来るだけストレスが無いように
散歩後の飼い主さんの負担も軽減されますので、
雨の日の散歩には、レインコートをおススメします。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする