ラン活はいつから?ランドセル選びに悩んだら押さえるべきポイント

ランドセル選び

あなたは今ランドセル選びに悩んでいるのですね。

私が子供のころは、ランドセルなんて、カラーは赤か黒くらいしかなく
素材も皮製品が主流でした。
雨の日は、黄色の交通安全マークの入ったランドセルカバーつけて学校行ってました。
大体、みんな同じ町の制服屋さんみたいなところでランドセルを購入することが多かったので
変わったランドセルでみんなの視線を浴びることはありませんでしたから、
そんな中、パープルのランドセルを持っているクラスメイトがいて羨ましいと思った記憶があります。

今はホントに個性的なランドセルがたくさんありますね。
クリニックにくる子供たちもランドセルの自慢をよくしてきます。

「色がツートンになっているだ!」とか、
「お花の刺繍が入っているの!」とか・・・。

そんなに色々とランドセルの種類があると選ぶ時に迷ってしまいますね。

もちろん子供が気に入っているランドセルを購入することが一番望ましいですが、
親としては、それ以外に色んなことを考えてしまいますよね。

そこで、いろいろと悩んでしまうランドセル選びに困ったとき
押さえておくべきポイントを簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク
 

売り切れ必至!?ラン活はいつから始めるのがベスト?

夏にランドセルのCMをやってるの見たことがありませんか?

私も初め、なぜこの時期に?と思ったことがあります。

夏にランドセルのCMが目立つ理由は、

来年4月に小学校に入る子供の祖父母が、お盆の帰省時期に逢いに来た孫の為に
ランドセルを買ってあげる事が主流になってきているため、
夏にランドセルのCMが多いという説があります。
新入学のランドセルの購入者は年々、両親より、祖父母が購入する方が多いのです。

主要メーカーの多くは毎年6月に来年度のランドセルのラインナップを発表します。
そして7月~8月くらいに掛けて、ランドセルの争奪戦が繰り広げられ、
12月~1月にかけてピークを迎えます。

特に人気ブランドや工房系ランドセルは、8月を迎える前に完売という事も珍しくありません。

最近では「ラン活」と言う言葉もあり、来年度に1年生になる子どものために、
ランドセルを手に入れる活動のことを言います。

なので、ラン活を成功させるためには、年度が切り替わった4月から
すぐにカタログを取り寄せるなどの早め早めの情報収集が、
欲しいランドセルを手に入れるための一つのポイントになります。

悩んだ時のランドセル選び方のポイントは?

きっと準備周到のあなたなら、ある程度の目星を付けているかもしれません。
もしも、たくさん見過ぎて、何から決めたらいいか迷った時は、

スポンサーリンク

まず「何を優先するか」を先に決めるとスムーズに決まってきます。

ランドセルは「機能性」「強度」「生地」「色やデザイン」「価格」「収容力」など
いろんな条件があげられるかと思います。

どの条件をメインにするか、優先順位を決めると自然と方向性が見えてきます。

「収容力」で言えば、通学途中の事も考慮した、両手が手ぶらになるように、
A4ファイルを格納できるサイズであるとか、

「価格」でいえば、ランドセルは6年間使い続けることが殆どですが、
中には成長著しい子供もいますので安価なランドセルを、
3年くらいで買い替えるというパターンなどもあります。

人気の工房系のランドセルは、6万円前後が多いです。
そのことから、予算が6万円前後ならば、2回に分けて購入するのもアリですね。

ランドセルの購入で必ずチェックしたい項目は?

ランドセルを購入するときにもう一つチェックして欲しい項目がります。
それは保証内容です。

最近では、ランドセルを購入した時に付いている「6年間保証」。
保証付きのランドセルが一般的になってきていますが
注意しなくてはいけないのがその内容です。

6年間保証といってもメーカーによって内容は様々です。
サービス内容を事前にしっかり確認しておきましょう。

子供が乱暴に扱って壊れた場合でも、完全無料修理をしてくれるところもあれば
自然と起こってしまった故障のみ対応可能で、ほかの修理は有償になる保証もあります。

まぁ大体が有償でしょうが、あくまで使用するのは子供です。
丁寧に使うことはまず無いと思った方が良いでしょう。

思い出してください。
ランドセルを引っ張り合って遊んだことを・・・。

また、「6年間保証」にはメーカー以外の保証もあります。
それが、日本ランドセル工業会の保証です。

ランドセル認定書
この認定書は、ランドセル工業会が定める規格に合致する製品にのみ付いています。
認定証の付いたランドセルは6年間の修理対応を行ってくれます。

ランドセル保証書
また、この様な保証書の場合もあります。
こちらも同じく購入後、6年間の修理対応をしています。

ランドセルを購入する際の一つの目安にもあり安心です。

ランドセル選びについてのまとめ

時代とともに進化し続けるランドセル。
子供の喜ぶ顔を、親も祖父母も見たいですもんね。

私の友人は、超有名なブランド工房のランドセルを購入したと言ってました。
昔とは全然違って、ホントに美しいランドセルらしいです。

「色やデザイン」の部分だけ子供の希望になり、あとは
友人が機能性をメインに、価格は優先順位の一番最後にして選んだとのこと。

孫にはついつい甘くなってしまうのかも知れませんね。
あなたの子供もステキなランドセルに出会えますように。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする