マンモグラフィで乳がんの予防対策。検診を億劫がらずに受けて!

乳がん検診

先日、市から推奨されているマンモグラフィーの検査に
ようやく行ってきました。

自分にはあまり関係ないと、なかなか足を運ばす、
無料の乳がん検診の有効期限ギリギリでの滑り込み検診でした。

「すごく痛いよ~」なんて脅かされていたので
本当は検査を受けるのもちょっと億劫になっていたのです。

乳頭からの白い分泌物は少しありましたが、
特にしこりなどの自覚症状はなかったので、それ程真剣に考えていませんでした。

せっかくの無料だし、といあえず受けておこうかな・・・
くらいの安易な考えで挑んだマンモグラフィー検査。

もしも今、あなたがマンモグラフィー検査を後回しにしているなら
自覚症状が無くても是非、乳がん検診を受けてください。

私の体験談を見たらきっと乳がん検診を受けておこうと思うはずです。
早速シェアしますね!

スポンサーリンク
 

乳がん患者が増えている!?日本人女性12人に1人

マンモグラフィー

マンモグラフィー検査とは

マンモグラフィーとは、乳房専用のX線撮影装置、つまりレントゲン検査を行う装置です。
板状のもので乳房をはさみ圧迫して撮影します。この圧迫する時が痛いです。

お乳を挟むので痛いのは当然ですが、「痛い。」程度ではなく
「痛タタタタァー!!」と声を出してしまう位の痛みです。笑

乳房を圧迫するのは、平たくして撮影することでより鮮明に写し出すとともに、
厚みを薄くすることでエックス線の被ばく量を減らすためだそうです。

乳がんの初期症状である微細な石灰化や、
セルフチェックではわかりにくい小さなしこりなどを検出することができるので
乳がんの検診では最も信頼性の高い検査方法だと言われています。

ドキドキしながら挑んだ乳がん検診のマンモグラフィー。

レントゲン技師さんも「痛かったら遠慮なく言ってくださいネ~」と緊張をほぐして下さり
我ながらの貧乳でも、耐えれるほどの痛みと緊張で若干汗ばんだ中、無事に終了しました。

医師の診察

「ここ最近、乳がんの方が増えているんですよ。」

トーンの低い一言から始まりました。

私のマンモグラフィーの検査結果では、
乳房の中の一つの黒い影に引っ張られるように、乳腺が放射線状に写っていました。

これは乳がんの症状の一つによく似ているとのことで
先生に、「ちょっと心配だからエコーを撮らせて欲しい」と言われました。

乳がんのことを全く調べていない私にすれば、驚愕の一言です。
(この時点で、保険診療へ切り替わります。)

「皆さん、全く自覚症状がないか、生理前は胸が痛いけど気にならない。
みたいな程度で、検診クーポンの有効期限が切れるから来院した方が多くてね。
でも、そんな中、今日は二人も乳がんの診断をしたんですよ。」

私の検診理由と同じだ・・と思いながら、
先生の「心配だから」が気になって仕方なかった超音波検査(エコー)。

結果は、取りあえず「今は大丈夫。」とのことでした。
一安心はしましたが、やはり経過観察は必要で、
自覚症状やセルフチェックで何もなくても、必ず年に1回はマンモグラフィー検査を
受けに来てくださいという内容で診察は終了しました。

ちなみに、乳がん検診クーポンを利用していたため、エコー検査は保険適応です。
このエコー検査のコスト(350点)のみで、窓口負担は1050円です。

以前は乳がん検診は「視診と触診」のみで行われてきました。
特に触診は、ある程度の大きさがないとわかりにくいそうで
視診と触診では拾いきれない症例が多いことが分かり、
国はマンモグラフィや超音波検査をすることを強く勧めています。

どんな検査でも100%確かというものはありません。

スポンサーリンク

胸の大きさは関係なく、胸が小さくても検査はできます。男性でも撮れます。
マンモグラフィー検査では、触診ではわからない1ミリ位の大きさでも見つける事ができ、
またエコーでは、マンモでは難しい乳腺の中に埋もれたしこりを検出できるそうです。

思いもよらなかった、知らなかったなど、
意外な結果になる場合もあるので、是非、乳がん検診を受けてほしいです。
何も無ければ、1年に一回は検診を!
どうか自分で自分を思いやってください。

マンモグラフィーと超音波検査(エコー)の違い

超音波

二つの乳がん検査では、下記のような特徴をあります。

超音波検査(エコー)は、胸にあたたかいジェルをつけ、
超音波を出す「プローブ」と呼ばれるセンサーをあて、
はねかえってくる音波を画像化して、乳房内部の様子を映し出します。
マンモグラフィーとは違い、痛みもありませんので大丈夫です。

【マンモグラフィー】
(メリット)
・乳房全体が画像化でき、全体の状態を把握できる
・0.1~0.5ミリの微細石灰化の検出が可能
(デメリット)
・乳腺が発達している場合、しこりの検出が難しいことがある

【超音波検査(エコー)】 
(メリット)
・乳腺と乳がんのしこりの判別が容易
(デメリット)
・画像化で得られるのは部分的な情報
・微細石灰化の検出は困難

エコーやマンモグラフィはそれぞれ一長一短ありますが、
乳がん検診は、乳癌の予防には役立ちます。

またマンモグラフィーやエコー(超音波)の検査でべストなタイミングは、
生理が始まって1週間から10日くらいの時期に検査を受ける方が、
生理前の乳房が張っている時より、痛みが軽減されるようです。(個人差はあります。)
また乳房が柔らかい状態なのでしこりを見つけやす時期でもあるとのことです。

経過観察での乳がんセルフチェックの仕方

乳がんセルフチェック

自己検診を続けることで、いつもと違う状態やしこりに気づく事が出来ます。
習慣付ける事が大切です。そのためにも、普段から自分で見て、触って、
普段の状態を知っておきましょう!
メイクで鏡の中の自分の顔を見るように丁寧にチェックしましょう。

●ポイントは月一回定期的に
・生理がある人・・・月経終了から1週間くらい後にセルフチェック
・閉経した人・・・・毎月一定の日を決めてセルフチェック

●明るい部屋の鏡でまずは目視
上半身を鏡に映して、左右の違いはないか、腕を上げたり下げたりしてみます。
・左右の乳房のカタチに変化はありませんか?
・乳房の表面に、くぼみ・ひきつれ・ふくらみ などはありませんか?
・乳房の皮膚や乳首が湿疹のように赤くただれていませんか
・乳首がへこんだり、血が混ざった異常な分泌物(赤や茶色)が出ていませんか?

●触って確認
座った状態でもいいですが、寝転がった状態の方が乳房が広がって触りやすいですし
確認しやすいです。指を揃えて指のはらで軽く圧迫しながら、
・乳首から外側に向けて円を描くように
・乳首を真ん中に左右の外側に線を描くように
・乳首から放射状に外側に線を描くように

入浴中ならば、石鹸をつけるとスムーズに触れます。
また乳首を軽くつまみ、異常な分泌物(血が混ざっていないか)が出ていないかも
合わせて確認しましょう。

乳がん検診についてのまとめ

ダラダラと後回しにしてしまったいたマンモグラフィー
キチンと受けて良かったと本当に思います。
自覚症状がなくても、身体の異常は自分が思っているカタチでは
現れないこともあるんだ身をもって知りました。
せっかく無料で出来る検診。
重い腰を上げて是非受けに行ってください。
私からも推奨します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする