花粉症の季節に眠気や体のだるさが出る原因は?

花粉症による眠気

花粉症の症状と言えば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり。
加えて顔や目が痒くて仕方ない、などがあげられますが

花粉症になると妙に眠くてたまらない、とうことありませんか?

しっかり寝ているはずなのに、どうにも眠気が取れない。

よく、花粉症の薬の副作用で眠気に襲われる、と言う話は聞きますが
特に花粉症の薬を飲んでるわけでもないのに眠くて仕方がない。
眠気と一緒に体のだるさも感じる・・・

一体なぜ、花粉症になると眠くてだるいのか、
原因と対策を調べてみました。

スポンサーリンク
 

どうして花粉症になると眠いのか

花粉症と眠気

主な原因は、睡眠不足によるものです。
しっかり寝ていると思っていても、実は眠れていないのです。

特に花粉症による鼻水や鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎は、
睡眠の質を低下させてしまいます。
目の慢性的な痒みは眼精疲労を引き起こします。

寝る前や寝ているときも鼻がつまったり、鼻水が出てくるなどの症状で
うまく寝付けなかったり、息苦しさに途中で目が覚めてしまったりと
早めの就寝を心がけても結果睡眠不足に陥り、日中眠気を感じるということになります。

鼻詰まりは呼吸が正常に行われていないので、脳に十分な酸素が送れません。
脳を動かすには酸素が必要ですので、酸素が欠乏すると脳の活動も低下していきます。

脳に酸素を送ろうとあくびが出ます。
眠いと感じて、あくびが出るのは脳に足りない酸素を送っている証拠なのです。

空気中に飛散する花粉を呼吸と共に吸い込んでいますので、
体内に侵入した花粉を異物と感知して、体が花粉を総攻撃し始めます。

花粉を排除しようと、脳へ酸素を送るあくびや鼻水、くしゃみで
絶え間なく体が免疫力を働かせますので、体力が低下し、眠気が出るのです。

また、花粉が飛びやすい冬から春にかけては気温の変動が激しくなり、
自律神経のバランスがくずれます。

更に暖かくなることで体の様々な器官の動きが活発になり、運動などをしていなくても
ビタミンB群がたくさん必要となります。
ビタミンB群が不足するとだるさや疲れやすいなどの症状が出てきます。

花粉症による眠気やだるさを解消するには?

バランスのいい食事

まずは、身体の免疫力を高めることです。
免疫力を正常に保つには体温を保つことも大切です。
自分の正常な状態の体温を保つことで免疫力は高められます。

春が近づき気温が上がってくるのにカラダが追いつかず睡眠が浅くなりやすいです。
体が気温に慣れてくれば、体内のバランスも整えられ、体温が安定しますので
少しづつ眠気もマシになってくるはずです。

またバランスのいい食事をキチン取り、腸内環境を整えることを心がけましょう。
体内の免疫システムがきちんと働いていれば、花粉症の症状も和らぎます。
免疫細胞のおよそ70%が腸内に集まっているといいます。
腸の働きを整えることで免疫力も上がると考えられています。

加齢や食生活で善玉菌が減ると、腸内環境は乱れ、免疫力が低下します。

腸内に存在する善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類のうち、
善玉菌を常に優勢にしておくことで免疫力を安定させます。

スポンサーリンク

腸内環境を整えるために必要不可欠なのが食物繊維。
水に溶ける「水溶性食物繊維」がいいと言われています。
中でも、おなかにいいといわれるものの代表にヨーグルトなどがあります。

腸内環境をよい状態に保つためには、まずは食べ続けることが重要です。

ヨーグルトが好きな人なら、自分にあったヨーグルトを探して
食べ続けてみると良いと思います。

でもヨーグルトが嫌いな人もいますね。
嫌いなものを無理して食べても長続きしませんので、もしヨーグルトが嫌いなら、
水に溶ける水溶性食物繊維を多く含む大麦でも海藻でもいいかもしれません。
好きなものから始めるてみてはいかがですか?

その悪寒は花粉症のサインかも!?

花粉症で悪寒

ある日、寒くもないのに急に肩あたりにゾクゾクとした寒気を感じることはありませんか?

花粉症によって寒気が現れる場合もあります。
これは免疫反応によって急激に体温が上がることで、寒気を感じるものと考えられます。
体内に入り込んだ花粉を風邪ウイルスと間違えて撃退しようとしたときの症状らしいのです。

悪寒をはじめ風邪と似た症状が出たときは、きちんと医療機関で診察を受けることも大切です。
人によっては熱が出る場合もあります。
風邪なのか、花粉症なのか、見極めるのはやはり専門家の医師におまかせするのが一番です。
自己判断で風邪薬を飲んでも、アレルギー症状は軽快しません。

アレルギー症状の前兆かもしれない悪寒が出た際は、より注意深く警戒するようにして、
きちんと対策を取るようにしましょう。

私が働く皮膚科の先生は、その患者にあったお薬を見つけてくれます。
花粉症の薬もたくさんあり、合う合わないも個人差があります。
自分の症状をキチンと診断してくれる、かかりつけ医を見つけることも
花粉症対策の近道ですし、なにより心強いですね。

花粉症の時期に眠気やだるさが出るのは?のまとめ

春眠暁を覚えずといいます。
寝ても寝ても眠たいこともありますね。
また新しい環境に身を投じた方ならば、慣れない環境にストレスもかかり
さらに体が疲れてくるでしょう。

そんなときに、免疫力も下がりますのでアレルギー症状も出やすくなります。
体調の自己管理ができる事も、花粉症対策の一環です。
花粉症の負けない体を作りましょう!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする