梅雨時期の洗濯物は部屋干しだけど臭わず早く乾かす方法は?

部屋干し

紫陽花がキレイな6月。梅雨の季節です。

梅雨と言えば毎日雨が降って、もう!洗濯物が乾かない!

これに尽きますよね。
洗濯物が多いご家庭では大変苦労されてると思います。
我が家は夫婦二人暮らしですが、やっぱり梅雨時期は苦労します。

晴れる日を狙って洗濯しよう!と思ってもゲリラ豪雨が来るかも・・・
外に干しては出かけられませんよね。

だからって、洗濯日和まで洗濯物を溜めておくのも不潔でイヤ。

そうなると部屋干ししかありません。

でも部屋干しって臭いが気になりますよね。
それに乾きが悪いので、2日くらは吊りっぱなし。

イヤですね。片付かないし、気持ちも滅入ります。
外もジメジメ、家の中もジメジメ。

そこで、部屋干しでも臭わない我が家の洗濯方法をご紹介します。

スポンサーリンク
 

洗ったはずの洗濯物が臭うのはなぜ?

部屋干し臭う

部屋干しした洗濯物が臭うのは、臭いの原因菌が完全に洗い流されていないことにあります。
この原因菌は、洗濯物が湿った状態で放置する時間が長いと大増殖します。
それがイヤな臭いを発生させているのです。

しかし天日干しをしてカラっと乾いても、この臭いの原因菌が洗い流されていないければ
汗をかいたりして湿った時などにまた菌が活動をし始めて臭いが発生します。

なので、臭いの原因菌をキチンと洗い流すことが大前提です。

汚れ(臭いの原因菌)がきちんと落ちていれば、部屋干しで乾くのに時間がかかっても、
干すまで時間を置いてしまっても、汗をかいても、臭くなることはありません。

この臭いの原因菌は、40℃ほどの熱で細菌をやっつけることができます。
なので40℃の熱を加え洗濯できれば、臭うことがないと考えられます。

ご自宅の洗濯機がにオゾンの機能は付いていますか?

もしオゾン機能が付いていれば是非活用してください。
洗濯機によっては「除菌」という機能の場合もあります。
これは、オゾンの力で除菌と消臭をしてくれます。
ヒーターの熱50~60℃で洗濯物を温められてから洗濯します。

40℃ほどの熱で細菌をやっつけることができますので
十分な殺菌効果が期待できます。

部屋干しの洗濯を早く乾かすには?

洗濯物の乾燥

スポンサーリンク

臭いの原因菌を40℃の熱でやっつけたら今度は洗濯物の乾燥ですね。
部屋干しも、いつまでも干しておくわけにもいきません。

実は、洗濯物の乾燥には、熱より風が必要なのです。

部屋干ししている洗濯物の周りには、洗濯物から出た水蒸気で
湿度の上がった空気が溜まっているので、洗濯物の乾きが悪いのです。

なんと5キロの洗濯物を脱水して干すとおよそ3キロもの水分が
水蒸気となって放出されます!部屋が湿気て当然ですね。

なので気化した水蒸気を洗濯物の周囲から移動させないと、洗濯物はなかなか乾きません。
また乾かないからと何日も部屋干ししたままでは空気中の細菌がまた洗濯物に移り、
臭いの原因菌が発生してしまいます。

出来るだけ短時間で洗濯物を乾かすには、
湿度が低い空気を循環せること=風が必要がなのです。

ちなみに、風があっても湿度100%では洗濯物は乾きません。
ですから、除湿器と扇風機やサーキュレーターの併用が良いとされています。

洗濯物の部屋干しに最適な場所は?

部屋干しの場所

浴室は換気設備が付いているのか、窓があるのが一般的です。

リビングに干すと急な来客や見た目が気になりますが浴室だとその心配もありません。
また除湿機等で湿度を下げる時も、狭いスペースのほうが早く湿度を下げやすいのです。

でも、お風呂場のお掃除はキチンとしているのが大前提です。
掃除を怠るとカビが浮遊しますので注意しましょう!

洗濯物の部屋干しについてのまとめ

ジメジメした梅雨。
部屋干しして、臭ったのでもう一度洗濯・・・なんて
悲しいに水道代もかかりますね。

私はいつもオゾン機能と衣類の漂白剤を使用してます。
漂白剤のおかげで、洗濯機も掃除出来てます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする