意外と知らなかった!桜と梅と桃の花の違いや見分け方は?

梅の花

職場の近くて発見した花。
暖かくなってきたので咲き始めて、春の訪れを感じますね。

この花、何かわかりますか?
答えは梅。

あなたは梅の花と桜の花、そして桃の花の違いを見分けられますか?
3月なので時期的には梅なのですが、
パッと見た時にすぐに見分けがつきませんでした。

行き交う人たちがこぞって写真を撮っていたので
早めに咲いた桜なんだと私も撮影したのですが・・・

今まであまり意識しなかった、梅と桜と桃の花の違い。

ここでは梅の花と桜の花、そして桃の花の違いについてご紹介します。

スポンサーリンク
 
 

梅 桃 桜 それぞれの特徴

普通街中で見かけるものは見慣れれば大抵わかるようになります。
もっとも分かりやすいのは花びらの形ではないでしょうか?

基本的な特徴は、

【 梅 】
・花びらの先が丸く、全体的にも丸いイメージです。
・花のつぼみは1節につき1個です。
・花柄(かへい=花を支えるための茎)がないので、枝にくっつくように花が咲きます。
・たわわに咲くのではなく点々と枝に花がある感じでボリューム感は少ないです。
梅の花

【 桃 】
・花びらの先が梅よりも尖っています。カタチとしては桜に近いです。
・花のつぼみは1節につき2個で、枝から2つずつ咲きます
・花柄が短いので、枝に沿うように花が咲くきます。
・梅よりもボリューム感があり華やかに見えます。
桃の花

【 桜 】
・花びらの先がVの字に割れています。
・花のつぼみは房状にっており花柄が長くその先に花をつけます。
・花の数も多く、枝からこぼれそうな感じで咲きます。
桜の花

スポンサーリンク

一重の場合は分かりやすいのですが、
ぞれぞれ八重もあるので、花びらのボリュウームだけではわかりにくいのが難点です。
また花の色でも見分けがつきにくいでの、一番は花びらのカタチです。

それと、香りが良いのは梅ですね。
「梅は匂い、桜は花、人は心ぞ、振りいらぬ」ということわざのように
梅はその香を、桜は花の美しさを楽しむといいます。

街中で見かけたら是非観察してみてください。
何気に観るのも良いですが、色々知ってるとまた楽しみが増えますよ!

樹形や樹皮で見分ける方法

よく観察をして観ると木の幹自体もそれぞれ違いがあります。

・梅
割れてザラザラした感じ
不揃いでゴツゴツしている

・桃
斑点模様がある

・桜
横縞模様があります
桜の幹

桜と梅と桃の花の違いや見分け方についてのまとめ

いかがでしたか?
並ぶと違いが分かりますが、ぱっと見は分かりにくいですよね。

桃の花と桜の花ではかなり似ていることも見て取れます。

職場のみんなで、これは梅かな~って言いながら
スマホで撮った写真を見ながらランチを楽しんでました。

それぞれの特徴がわかって面白かったです。
今度は街中で、桜や梅を見てもすぐに教えてあげれますね!

桜の時期はもうすぐそこですよ。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする