老化による膝痛の原因と緩和対策やお勧めの治療方法とは?

膝痛

最近、膝が痛い・・・
そんなことはありませんか?

何だかジワジワ痛くなって、
気が付くと、階段の上り下りや椅子から立ち上がるときに痛みがあったり、今まで出来ていた正座が出来なくなっり・・・

人間、歳を取ると体のあちこちが衰えてゆきます。

私の周りでも50代以降の方で、膝の痛みがひどくてリハビリに通う方が割と多いです。

今回は、老化による膝の痛みについて、病院でも異常がないと言われた場合の、痛みの原因と普段から出来る痛みの緩和方法について考えてみました。

スポンサーリンク
 
 

膝の痛みの原因は加齢であるものが減少するから

老化現象

もちろん、まずは病院での診察が必要です。

膝の痛みが、本当は加齢によるものなのか、また別のものなのか知るとことから始まります。

自分で思い込んで間違った対処法をすると、かえって悪化させてしまいますので、取りあえずはちゃんと病院で診てもらいましょう。

一番多いのは、膝の関節にある軟骨の消耗です。

長い間、自分の体を支えてきた足の関節、膝は軟骨に覆われています。この軟骨は足の曲げ伸ばしをスムーズにしてくれるためにありますが、老化が進むことによって
栄養や水分が十分に行き渡らなくなり、薄くなったり、表面がボコボコになったり、欠けたりします。

そうすることで、関節部の骨がムキ出しになり、骨同士がこすれ合って痛みが生じます。

また足関節の筋肉が衰えていく事で、膝関節の負担が増えます。
そのために血行が悪くなったりして、血液を通して運ばれるはずの栄養も関節液を通して適切に軟骨へ行き渡らず、軟骨が弱っていくのです。

ひざが痛むときの緩和方法と治療

筋トレ

ひざ関節の痛みを緩和するには、熱や腫れがなければ、
ひざを暖める方法が一番おススメです。

お風呂にゆっくり浸かったり、蒸しタオルを患部にあてたり、
マッサージをして患部の血行を良くしてあげましょう!

寒い時期は、眺めのレッグウォーマーやサポーターなどで、膝を温めましょう。
エアコンが効いている夏場でもひざを冷やさないように注意しましょう。

また、普段からひざに負担をかけないような生活をすることが大切です。
膝に負担がかかりそうだな、と思う日常生活の数々の行動を、出来るだけ
膝に負担のない方法で行いましょう。

例えば、
外出先のトイレは和式よりも洋式を利用する、
可能であれば、椅子の生活に切り替え、寝床もベットに変更する
重い荷物の持ち運びはカートなどを利用する・・・などです。

また老化によるひざ痛は放っていても治りません。
痛みの根治は難しいですが、
膝への負担を少なくして痛みを軽減する治療ならあります。

それは正しく足の筋肉を付ける事です。

痛みで気が滅入るから・・・などの理由で体を動かさずにいると筋肉や骨が
徐々に弱くなり、固く凝縮しこわばっていきます。

関節の状態が悪化すれば、寝たきりになってしまうこともありますので、
積極的に動くようにしましょう。
買い物や散歩など、なにかにつけて外出するのです。
家でジッとしていることが一番の悪化の原因です。

スポンサーリンク

散歩やラジオ体操など、軽い運動でいいと思います。
もちろん無理の範囲で行いましょう。

運動をすることで、筋肉が付いて正しい位置ににあることで
(筋肉が歪んでりねじれたりすると足へ負担がかかります)
足への負担が減り、痛みが緩和されます。

昔、おばあちゃんが言ってました。
「人間、足から弱っていくからね、毎日散歩するんだよ。」

祖母はすでに他界してますが、足腰はすごく丈夫でした。
よく一緒に商店街へ買い物に行き、荷物持ちをしては
おばあちゃんおススメのサンドイッチを買って貰ったのを
今でも覚えています。

老化だけじゃない!膝の痛みの原因は?

あなたは今、太っていますか?

いいえ!太ってません!いえ、少しぽっちゃりしてます・・・笑

肥満の人はひざへの負担も大きく、ひざ痛を起こしやすいと考えられます。

太っていても足の筋肉が、上半身の体重を十二分に支えれる場合は良いのですが、
以外に足の筋肉って少ない人が多いのです。
意識しないと筋肉って足に付きにくいですよね。

私の主人は筋肉質なのですが、足の筋肉は上半身を支えるだけの十分な筋肉ではない為
足の負担が大きく、いつも膝が痛いと言っていました。

しかし毎日少しづつ、足を中心にストレッチや軽い筋肉運動を行うことで
少しづつですが痛みが緩和されてきたと言っています。

少しばかりぽっちゃりな人は肥満解消と筋力維持を兼て、ウォーキングなどの散歩が
おススメです。筋トレなどでは、苦痛で続かないと思いますので。

散歩の時は、ひざへの負担が少ない運動靴で、痛みが出ない程度の距離を歩きます。
出来る限り続けていれば、徐々に足の筋力もついてきます。
次第にひざ関節への負担も軽減されます。

膝痛の原因が老化による場合についてのまとめ

私は40才を超えてますがもっと若い時、そう20代の時のように
体が動かなくなっているのは事実です。
20代の時は、そんな日が来るなんて考えてもいませんでしたが体は正直ですね。笑
私も、祖母の言いつけを守って足腰はいつまでも丈夫でいようと思います!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする