インフルエンザ予防接種後に起こりうる副作用と対処法は?

予防接種の副作用

インフルエンザにかかると、自分自身はもちろん、
働いている人たちは、感染防止の為に、休んだりして
体調は良くなくて辛いし、仕事を休んで迷惑かけてしますしで
良い事が全くありませんね。

そうならないためにも、インフルエンザの予防接種があるのですが
今までインフルエンザの予防接種を受けた事がない人や
インフルエンザに罹ったことのない人は、

「インフルエンザの予防接種はしません」と言う方が以外にも
いたりします。

私は受けといた方が良いと思う派なのですが

インフルエンザの予防接種を受けたくない人の理由が
副作用を気にされてる方が多いです。

予防接種は、病気にかかることを防ぐための一つの方法です。
しかし予防接種を受けたことによって、体が自分の想像とは違う反応が出ると
不安になりますよね。

確かに副作用が出る人はいます。
私も副作用がでますが、毎年ではありません。

全く副作用が出ずに元気な年もあれば、
インフルエンザの検査をしないといけないくらいの
風邪がインフルエンザか分からないくらいの副作用が出る時もあります。

インフルエンザの予防接種を受けた後、
どういった副作用があるのか、また対処法はあるのか、
調べてみました。

スポンサーリンク
 
 

インフルエンザの予防接種後の副作用が起こる原因

毎年、インフルエンザワクチンの種類は変わります。

それはインフルエンザワクチンが、
その年に流行すると考えられるウイルスを使って製造されますので、
これまでワクチン接種後に副作用を経験していなくても
今年は副作用が出た!ということが起ります。

「副作用」と「副反応」の違いは?

よく見る副作用と副反応。
実はタダの活字の問題で、意味は一緒です。

ワクチンは体の反応(生体反応)でその効果を出すということから
「副反応」と言うことが多いです。

またに「副作用」は薬に対して使われる言葉で、よく聞きなれている事もあり
なんだか怖いイメージがありますよね。
なので「副反応」としているという説もあります。

インフルエンザワクチンの副作用の種類と対処法

ワクチンの副反応は予防できる?

インフルエンザ予防接種の副作用は体の反応なので予防することは難しいです。
でも予防接種後の過ごし方を知っておくことで、副作用を悪化させないように
したり、不安な事になったとき、素早い対処が出来るようになります。

インフルエンザ予防接種の副反応は大体接種後24時間以内に起こります。

インフルエンザワクチン接種後に気を付けたい、心がけたいこと

・接種した部位は清潔にしこすらない
・接種した当日は激しい運動を控える
・接種後30分は院内の待合室などで安静にする
・高熱やけいれんなどの異常反応や体調の変化があればすぐに医師の診察を受ける
・接種後、入浴をするなどの通常生活は良いが激しい運動や大量の飲酒はやめましょう。

インフルエンザワクチン接種後の副作用の種類は?

・接種部分の腫れや熱をもつ、または痒みがある
接種部位が赤くはれたり痛むことがありますが、通常4~5日で大体改善します。
患部を擦ったりせず、放っておきましょう。
接種した部分が、数日経っても腫れていたり、熱や硬さを持っていたりする場合は、
一度、ワクチンを受けた病院を受診したほうがよいです。
予防接種を受けた当日であれば、そのうち引いていく可能性が高いので様子を見ましょう。

スポンサーリンク

・重篤な副作用(アナフィラキシー・ショック)
接種後30分間はアレルギー反応がおこることがあります。
全身にじんましんが出る、呼吸困難などがあるときは注意してください。
嘔吐や血圧低下などの全身症状も発生します。

可能であれば接種した病院で、30分程度安静にしてから帰宅する方が良いです。
もしも、接種後すぐに病院を出て、帰宅途中にアレルギー反応がでた場合は
悩まず速やかに病院へ連絡するか、救急車を呼びましょう!

・高熱が長引く場合
予防接種後の副反応として、発熱がみられることもあります。
発熱は100人に数人くらいの割合でありますが大体2~3日で治まってきます。
ただし高熱の場合や熱が長引く場合は、病院を受診して解熱剤などの処方を受けましょう。
また、次回の予防接種の際に必ず医師に発熱の経験があることを伝えましょう。

・卵アレルギーを持っている
インフルエンザワクチンには微量ながら卵由来の成分が残存しています。
卵アレルギーの人は医師と良く相談してから、ワクチン接種を避けるか、
注意して接種する必要があります。

インフルエンザワクチンの接種時期と効果の期間

インフルエンザは不活化ワクチンです。
不活化ワクチンは殺してしまったインフルエンザの残骸や弱くしたり
無毒化した毒素をもとに作られたワクチンです。
副作用の危険性は少ないですが、効果が短いです。

効果が持続が期待される期間は5カ月程度で
接種してから、2週間くらいに免疫ができ始め、
そこから緩やかなペースで効果が下がっていくと言われています。
なのでインフルエンザの猛威がピークの1~2月頃に間に合うように
11月頃に接種すると良いですね。

インフルエンザ副作用と対処法についてのまとめ

確かに副作用が出たら辛いですね。
でも自分の為でもあり、家族や友人、または職場の人など
他人をも辛い目に合わせないためにも、私は予防接種は大切ですね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする