母の日と父の日をまとめて祝おう!ペアギフトでラクして喜びも2倍!

女性は嫁ぐとその家の者では無くなりますよね。
そして毎日、仕事に家事、育児と忙しくしてると、
両親の日、そう、母の日、父の日って意外と忘れがちではありませんか?

子供が居れば両親に会う機会も多く、敬老の日もあるので
母の日、父の日をお祝いすることを後回しにしてしまったりして。

間に子供の日とかありますしね~。

しかも母の日が終わって一か月後には、すぐ父の日だから
忙しいあなたにはちょっと面倒くさい、いやいや、大変ですね。

そこで思ったのですが、母の日、父の日を一緒に祝ってみるのはどうでしょう!?
母の日、父の日のイベントを合わせて祝えば、忘れることもなく
喜びも両親二人で共有できるから、嬉しさも2倍になります。

そして母の日より忘れられやすい父の日もこれで安心です。笑
そう、女子って母の日は覚えてるし率先するけど、
父の日ってどちらかというとほったらかしにしませんか?
(え、私だけ??)

世のお父さんは娘に祝ってもらえるのは何よりも嬉しいのにね。
娘って薄情だね。(←私の事ですよ!)

そこで、両親へのペアギフトを検索していて
「こんなんあるや、知らんかったでー。」っていう大阪限定ですが、
ペアギフトにいいな~って思うもののシェアです。

あ、大阪限定ですが観光にも、もちろん使えますよ!

スポンサーリンク
  

周遊パスで住み慣れた大阪を再確認

大阪に住んでても、大阪の事、以外に知れません。
もちろんメジャーなものは分かりますが
コアな内容までは、興味を持たないと以外に知りません。

私の両親もどちらというと出不精ですので、
二人で旅行もあんまり行きません。家が好きなのかしら?

せっかく自由な時間が、毎日が日曜日みたいなものだから
もっと老後を楽しんでほしいと思います。

そこで、まずは「大阪周遊パス」をプレゼント。
私も大人なのでこれくらい余裕です。汗

私も知らなかったのですが、この周遊パス、すごくお得!

大阪周遊パスは、観光施設の入場と大阪市内の電車とバスの乗り放題が
セットになったお得な観光乗車券です。

一日乗車券などとは違って、
観光施設が無料で利用できる上に、協賛している食べ物屋さんなどの
各店舗を割引料金などでお得に利用できるのです!

種類は、

1日券は1日だけ、2日券は連続する2日間の利用ができます。

●1日券
大阪市内エリア(地下鉄+私鉄)・・・・・・・・・・・2500円
阪急拡大エリア(大阪市内エリア+阪急指定エリア)・・2900円
阪神拡大エリア(大阪市内エリア+阪神指定エリア)・・2900円
南海関空版(大阪市内エリア+南海指定エリア)・・・・3200円

●2日券
大阪市内エリアの地下鉄とバス、ニュートラムのみ・・・3300円

利用したい日に施設に入場するもしくは、自動改札機に大阪周遊パスを通した日が
利用日となりますので、事前に購入しておくことも可能です。

パスの購入は、
全国各地の主な旅行会社店頭で購入できます。
ただし、旅行会社で購入した場合は、カード乗車券やガイドブックなど現物を
渡すのではなく、バウチャーと言われれる引換券が発行されるようです。

なので他府県から来られる方は、大阪に着いたら大阪観光案内所・難波観光案内所または、
大阪市営地下鉄梅田駅・難波駅・天王寺駅の定期券売場で現物と引き換える必要があります。

水の都 大阪 大阪城御座船クルーズで大人観光

大阪周遊パスの施設の中でも、クルーズは大人気です。

私が両親へおススメするのは、「大阪城御座船クルーズ」。

スポンサーリンク

大阪城御座船クルーズ

金箔を多用した船は豊臣秀吉の「鳳凰丸」を参考に再現してあります。
大阪城の内壕(うちぼり)をおよそ20分で周回します。

日本一高いとされる石垣が目の前に迫り、水面から見る天守閣は豪華絢爛。大阪城の美しさ、すごさを感じることができる小さな船旅です。

3隻体制での運行で10分間隔で船が出ます。待ち時間は少なく、乗船できるようです。
乗り場は大阪城天守閣の北側、極楽橋横。
ただし定期便の予約は受付けないので、混雑期は15時前後で最終便までのチケットが
完売する場合があります。早目のチケット購入がおすすめです。

船内での飲食はOK!
お弁当を持参して楽しむのを良いですね。

水上から見る天守閣は絶景です。
歴史を感じながら、知られざる地元大阪を満喫してもらいましょう。

ただし、河川の状況や改修、船舶の修理などにより、予告なく運休する場合があります。
詳しくは施設に問い合わせした方がベターですよ。

【大阪城御座船】
●アクセス
地下鉄各線谷町四丁目①B・⑨出口、森ノ宮①・③B出口、大阪ビジネスパーク②出口、
天満橋③出口、京阪天満橋から徒歩およそ10~20分

●電話番号:06-6314-3773

●営業時間:10時~17時(最終便16:30発)

母の日と父の日をまとめて祝おう!についてのまとめ

まとめて祝うと何だか手抜きみたいなカンジかしますか?
私は忘れてしまうよりずっといいかな?なんて思います。
ホントに多忙でなかなか会えないし、会うときは片親ずつなんてこともないですし
両親も二人の方が楽しいハズ。
終わったあとも、夫婦二人で思い出話に花を咲かせてほしいものです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする