酢飯がニガテ。節分の日の恵方巻は韓国風のり巻き「キンパ」で

今日は2月3日の節分。

珍しく私の働くクリニックでは土曜日というのに
空いていました。ビックリするくらい!

いつも来る患者さんも尋常じゃないほど空いているので
ビックリしていて。

普段は込み合って馴染みの患者さんとの会話も出来ないくらいだけど

「今日はみんな鬼退治かな~?笑」なんて冗談を言えるほど。

で、みなさん恵方巻は食べましたか?
実は私、酢飯があんまり好きではないんですよね。

大阪では節分に恵方巻をその年の恵方を向いて
黙って願い事を唱えながら巻き寿司を食べると
願い事がかなうと言われています。

酢飯がちょっと苦手な私は
あんなに太い海苔巻きを食べるのはちょっと大変。

酢飯じゃない海苔巻きはないかなーって思ったら
ありました。

それは韓国海苔巻き「キンパ」です。

酢飯が苦手な人には、韓国海苔巻き「キンパ」で
節分を楽しみませんか?子供にウケるメニュー間違いなしです。

スポンサーリンク
  

節分の恵方巻、韓国風のり巻きは子供にも人気!?

韓国海苔巻き「キンパ」は、キムパ=キム(海苔)パ(ごはん)。

のり巻きは、韓国ではよく食べられる料理とのこと。
屋台で売っていることもあるし、キムパの専門店もありるほど
馴染み深い料理だそうです。

日本にも韓国料理の専門店では、キンパのメニューがありますね。

小さい子供もどちらかというと酢飯、ニガテではありませんか?
回転ずしとかに行くとお寿司よりサイドメニューを選んでる子供をよく目にします。

この韓国風のり巻きキンパは、日本の太巻きと違い、ご飯が酢飯ではなく、
ごま油と塩の味付けになります。酢飯が苦手な人でも食べやすいです。

中に入る具材は、定番では、韓国風すき焼きと言われるプルコギ、
それにソーセージ、卵焼き、キュウリ、たくあん、カニかまなど。

でも中身は何でもオッケーです。
子供に人気の具材を使って恵方巻を作ってみるのも良いですね。

さらに韓国でもキムパを作るときに使うのは味のついてない海苔で
基本は日本と同じらしいです。
私はゴマ油と塩で味付けて焼いた韓国のりを使うのが好きです。

酢飯の代わりに梅干しを使って彩もキレイ

ゴマ油と塩で味付けられたご飯はサッパリしていて
食べやすいですが、もしも酢飯感を残したのであれば
「梅干し」をお勧めします。

スポンサーリンク

ご飯の基本ベースは、「ごま油と塩の味付け」なのですが
ここに刻んだ梅干しを混ぜると、また違ったサッパリ感がでて
大変美味しいです。

私のオススメ韓国風恵方巻キンパのレシピをご紹介します。

●温かいご飯 約500グラム
●ごま油 大さじ1
●塩 小さじ1/2
●白いりごま 大さじ2
●梅干し(硬いタイプがおススメ) 適量
(酸っぱいのが好きな方は多めに調整してください。
 ご飯がほんのり赤くなる程度が良いです。)

具材
●ハム(魚肉ソーセージでも可)
●ほうれん草のナムル
●スライスチーズ
●卵焼き
●きゅうり
●キムチ

あとはのり巻きの要領で巻いて出来上がり!
ポイントは、スライスチーズです!
ちょっと想像できないかもしれませんが
このチーズと梅干しが以外に合う!
また彩を赤、黄、緑と鮮やかにすると見栄えもグッと上がります。

私のおススメ韓国料理店

コリアンダイニング李朝園さん。

ランチタイムは大変混雑してます、人気の韓国料理店です。
場所は大阪市内、上本町のハイハイタウンの中にあります。
今は引っ越しして遠くなったので行ってませんが、
週末のランチはコリアンダイニング李朝園さんに
大体お世話になっていました。
コリアンダイニング李朝園さんのキンパ、とっても美味しいです。
お持ち帰りもできますよ!

●アクセス
韓国料理 李朝園 上本町店
(カンコクリョウリリチョウエン ウエホンマチテン)

電話:050-3466-3226
住所:〒543-0001
   大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 上本町ハイハイタウンB1

電車:近鉄難波線 大阪上本町駅 徒歩1分
   近鉄大阪線 大阪上本町駅 徒歩1分
   地下鉄谷町線 谷町九丁目駅 徒歩1分
   地下鉄千日前線 谷町九丁目駅 徒歩1分

駐車場 :有(上本町ハイハイタウン内の駐車場)

営業時間:月~日 11:00~22:00
定休日:元日・2日

節分の日の恵方巻についてのまとめ

スーパーではあんまり、キンパは売っていないので
作ることが前提になりますが、好きな具材を用意して
酢飯が苦手な子供と一緒に作って食べるのはいかがですか?
ホントに美味しいし、栄養バランスも日本の太巻きより
良いと思います。笑
お弁当にもおススメです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする