主婦の賢いお掃除ロボットの選び方は?価格それとも機能性?

今年のヨドバシカメラの福袋、お掃除ロボット・ルンバの夢は
3万円でパナソニックのスチームアイロン付きでしたね!

私はスマホで抽選のページまで行ったのですが
今年は3万円もしていたので、ちょっと予算オーバーなので諦めました。

本当は欲しかったけど、3万円も福袋に予算を当ててなかったので
残念です・・・アイロンつきいいな~。

特にメーカーは気にしてないのですが、
ルンバが安く買えるならと思っていたのです。
さすがに3万以下はないのかな?

今回のルンバは622。
楽天やら価格ドットコムなどで検索すると
3万チョットで売ってるんです。

今考えると、スチームアイロンがおまけ的な感じなのでしょう。
でもお得ですね、スチームアイロンがタダで貰えるのですからね。

それはさておき。
私は週に1回の掃除に、ホースやらコードやらを
押し入れから出して掃除をするのがちょっと面倒だなって思ったので
お掃除ロボットなら、留守の時でも掃除してくれるので
とても便利だなと、購買意欲が湧いたのです。

お掃除ロボットって結構たくさん種類があるんですね。
値段もピンキリで、お手頃価格もたくさんあります。
メーカーを気にしていない方ならおススメです。

ただ維持費も考えないとダメな所がありますね。

スポンサーリンク
  

お掃除ロボットに求めるものは?デメリットは?

お掃除ロボットを買おう!と思ってまず初めに考えるのが

「本体価格」ですよね。
べらぼーに高いお掃除ロボットを買っても、とういか買えない。
掃除機ごときに10万円近くも出せない、大抵の主婦の方たちはそう思うのでは
ないでしょうか?私もそうです。出来るだけ安い方が良い。

その次に「維持費・ランニングコスト」
自分で掃除機をかけると、正直、コストなんかあんまり考えてないですよね。
もし考えるとすれば、電気代くらいでしょうか?
でもお掃除ロボットは違いますよね。
ロボットというだけに、バッテリーやらブラシの交換やらの保守も考えなくてはなりません。
めんどくさいですね。

そして最後に「機能性」ではないですか?
お掃除ロボットに掃除をおまかせしたけど、結局キレイになってない。
これなら自分で掃除機をかけた方が良かった・・・なんてことになっては
意味がありませんね。

ちなみにルンバにおいてはサポートセンターさんからの
ルンバ購入にあたっての注意事項がありました。

基本的にはドアを開放していればルンバはいけるとこはどこへでもいきます。
ですが、充電場所へ戻ってこれなく迷子になったり、掃除もれが出たりします。
一部屋で利用いただくことを前提とした設計となっております。

ルンバのバッテリーは約20ヶ月で機能しなくなります。
使用、未使用にかかわらず、約20ヶ月で使えなくなります。
ランニングコストで大部分を占めるのでバッテリー交換代です。
ブラシやその他の部品に関しても消耗品です。
ルンバを起動させるさせないに関係なく、ルンバを掃除できる状態のロボとして
所有するだけで1万~2万円の年間費用がかかります。

人口知能といっても、センサーの故障で落下したり、途中で止まってしまったりと、
完全な理想の動きはいたしません。

ひえー!
なんか、これだけ見るともう買う気が無くなります。(*_*;
最低でも3万はするルンバ。買ってからもこんなにかかるなら
自分で掃除して方がマシです。

ちなみにサポートがシッカリしているのは国内メーカーだけです。
ルンバは海外メーカーですが、国内に修理拠点が有るので安心ですが、
水による故障は修理拒否で新製品を割引価格にしてくれるそうです。

お掃除ロボットを買うなら機能重視のほうがいい?

それでもやっぱり諦めきれない。
だって子供もいないし、二人暮らしの家庭なら週1回くらいの掃除で十分。

二人とも忙しいし、掃除機をかける時間さえ勿体ないと思う。
そう思うと、お掃除ロボットにおませするのがいいように思う。

我が家の悩みとしては、
・1週間くらいすると、やっぱりホコリや髪の毛が結構目立つ。
・カーペット(段差およそ1センチ)に付いた小さなごみたち。

スポンサーリンク

これさえ掃除してもらえたら常に家の中はキレイな感じになる。
段差はカーペットのおよそ1センチくらいのみで他に段差はありません。。
この段差さえ乗り越えてくれれば、ほぼ問題ない。

上記の2点をクリアしているお掃除ロボットを選べはいいかな?
ちなみに10万円くらいする高価なお掃除ロボットと
極端に安いお掃除ロボットを除いては吸引力の面では殆ど差がないらしいので
吸引力以外の機能で選らぶと事にする。

そうすると、問題は段差のみになってきます。
どのブランドのお掃除ロボットでも、段差においては結構苦戦しているみたい。
7ミリ~1.5センチが限界のようです。
ちなみにルンバが2センチ程度なら超えるようですよ。

一番安くて、段差の問題をクリアにする、
維持費もかからないタイプのお掃除ロボットを探そうと思う。

我が家に最適なお掃除ロボットはコレ!?

現在、我が家にある掃除機はコード付きの紙パックタイプの掃除機。
元祖掃除機!って感じです。
お値段は近くのスーパーで8000円弱でした。安い!

まぁこれより安いお掃除ロボットとなるとかなり限定されますね。笑

文句なしに本体価格は一番安いのではないでしょうか?
髪の毛やホコリについても十分な仕事ぶり。
気にある段差については、

センサ感度を最少にすることで、1センチ程度の段差は越えて行くようです。

バンパー下のすきまが12ミリ程度あるので、
この間にマット等が入り込む事ができれて、なおかつ
マット等との距離がある程度保たれれば、乗り越えれるようです。

しかし1センチ程度でも、直角に反り立った段差はバンパーとセンサが検知して
障害物とみなし回避してしまうそうです。

ちなみに毛足2センチのカーペットは完全に回避するとのことです。

お掃除ロボットについてのまとめ

出来れば、値段を気にすることなく購入したいですがそうもいきません。

でも納得の仕事ぶりで、安価でそれでいて、
私の代わりにお掃除してくれるなら、8000円程度でも
時間を有意義に使えるしお得な気分ですね。

8000円でも、できれば買って良かった!と思いたい。
以上の観点から、我が家では試してみる価値ありの商品です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする