大阪万博記念公園の太陽の塔の48年ぶりの内部公開開始はいつから?

今年もあとわずかとなりましたね。
インフルエンザなどになっていませんか?

年明けにどこかに行きたいな~って軽く考えググってみたら
大阪万博記念公園が何やらアツいのか、私の目に止まったのですが
なんと、太陽の塔の内部公開が来年、2018年に公開されるらしいのです!

外からしか眺めた事なかったのですが、
いつも中はどうなっているんだろうと思っていました。

外観はちょっと怖いカンジもある太陽の塔。

もちろん塔の内部が観れるなんて思ってなかったし、そもそも発想がなかったので
気になって調べたら、結構、内部も見応えありそうな感じ!

日本万国博覧会の時以来の内部公開。
修復・復元完了後は内部を含めて常時公開を予定しているみただけど
急きょ見れなくなるかもしれないので、これを機に見てみたいな。

しかし色々規制があって、簡単には見れないみたい。
どうやら予約制みたいですね。
どんな予約制度になってるのかな?

スポンサーリンク
  

太陽の塔の内部公開の一般予約はいつから?

太陽の塔の内部公開開始日は平成30年3月19日からです。

その内部公開開始日までの間に、「先行予約」があります。
予約は公式サイトからとなっております。

先行予約は、「一般予約」と「寄附者先行予約」の2種類があり
いま現在は、太陽の塔内部再生事業に寄附された方の先行予約しかできません。

一般予約については、平成30年1月19日(金曜日)の10時からとなっていて
内部公開開始日の3月19日(月曜日)から5月18日(金曜日)の4か月間の
入館予約が先着順で出来ます。

4か月以降の5月19日(土曜日)からの入館分は、
予約開始日の次の日、1月20日(土曜日)から1日ごとに順次予約が可能です。

公式サイトがちょっと理解しにくかったので自分の覚書も兼ねて。
もしかしたら一般予約開始日の1月19日は、
予約が殺到してサイトがダウンするかも知れませんね~。汗
もうすでに寄附された方で埋まっているかも知れないし。

というのも、塔の内部は1日に入館できる人数に制限が設けられているようです。
なにやら建築基準法の規制で最上階に入れるのは1回16人に制限、塔全体でも
30分間で最大80人の入館制限を行うらしいです。
レアなチケットになりそうですね。

ちなみに、入館料は大人700円、小中学生300円とのこと。
これとは別に自然文化園入園料が必要となっています。
入園料は、お得な「入園無料デー」という日があります。
記念公園内の施設を含めて入園・入館料が無料になる日があるので、
その日を狙って予約してみましょう。

またこの公開日決定に伴い、太陽の塔近くにある大型複合施設「EXPOCITY」の
光の広場など、館内に設置されている約100台のモニターで、
カウントダウン映像を流すんだそうですよ!お祭りですね。

太陽の塔の修復後は、高齢者の方でも利用できるようエレベーターが設置されてるとのこと。
優しさも加わっててます。

ふるさと納税で先行予約チケットをゲットできる?

今話題の「ふるさと納税」。

この太陽の塔の内部再生事業の一環として、ふるさと納税があります。
このふるさと納税に応募することで、一般予約よりも先行して優先的に
予約ができる先行予約&招待券(入園料及び入館料無料)が入手できます。

スポンサーリンク

寄付金の金額によって入手できる枚数は違うようですが、
そのほかにも、今回のために制作したデザインのオリジナルグッズや、
1970年に発行された大阪万博記念メダルも数量限定で用意されています。

ふるさと納税は寄付金なので、寄附した金額のほとんどが確定申告をすることで、
手元に戻ってきますね。お得な制度です。
ただし、控除の対象となるのは、2000円以上の寄附で控除対象額は、
所得や家族構成によって異なります。
ふるさと納税に関する詳細は、ふるさと納税のサイトで確認してくださいネ!

映画にも起用された大阪のシンボル太陽の塔

2009年1月に公開された映画「20世紀少年<第2章>最後の希望」で
作中の「ともだちの塔」のモデルとなっている太陽の塔。

総工費8000万円もかけた改装されたそうです!

もうずいぶん昔の映画で私は原作の漫画は見たことがないのですが、
なんか妙な気持ちになるノスタルジックな面白い映画でした。

ロケ地となった万博記念公園の太陽の塔は、プレミアイベントが「太陽の広場」周辺で
開催されるのに合わせて、「ともだちの塔」になっていました。

改造されたのは塔の中央部分の「現在の太陽」と頂上にある「未来の太陽」の2カ所で、
改装工事からおよそ4日限りで撤去されました。

どんなのか見て見たい人は、「太陽の塔」「ともだちの塔」で検索。
いっぱい出てきます。結構怖いかも。

大阪万博記念公園の太陽の塔についてのまとめ

小さい頃は、ただただ怖かった太陽の塔。

大人になったら、目線も変わるし考え方も変わるから
また違った見方が出来るのが不思議ですよね。

一日では堪能できないかもほどの敷地面積ですが
大阪万博記念公園は太陽の塔だけに限らず、色々なイベントが開催されています。
秋はコスモスフェア、夜は3Dマッピングのイベント、お昼ゴハンは屋根付きの
バーベキューも予約できます!小さな子供連れにも人気のスポットです。

大阪に来られた際には是非お立ち寄りくださいネ。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする