冬の寒暖差対策!ヒートショックで血圧上昇を防ぐオネエ走りが凄い!朝のゴミ出しに【おはよう朝日】

冬の寒暖差対策!ヒートショックで血圧上昇を防ぐオネエ走りが凄い!朝のゴミ出しに【おはよう朝日】

今日の大阪は気温2.4℃!
この冬一番の寒さでした。

朝も暖房を入れないと過ごせないくらいの寒さです。
ここ最近、寒暖差が激しかったので
ここまで気温が下がるとは考えていなかった私は
暖房の予約をしておらず
寒くてベットからなかなか出れなくて困りました。

近頃、朝の早い時間に、
胸が詰まるような痛みで
目が覚めることがしばしばあります。

血圧が急に上昇しているのでしょうか?
息苦しささえ感じます。

そしてこんな寒い冬の朝は
ゴミ出しなどは本当に大変です。
つい、ついいつもの癖で、
部屋着のまま勢いよくゴミ置き場まで猛ダッシュ!

実はこれが大変危険な行動とか!?

関西限定の朝の情報番組「おはよう朝日」で
ヒートショックにならない為の対策が
紹介されていましたので、シェアしたいと思います。

スポンサーリンク

寒暖差が激しい冬のヒートショックとは?

ヒートショックとは
温かい場所から、
まだ冷たい場所へ移動することで
急激に温度変化にあいます。
そうすることで血圧が大きく変動します。

布団から出て、顔を洗うために脱衣所に行くと
凍えそうなくらいヒンヤリしていて
心臓がキュッとなった、なんてことあるあるですよね。
これは寒さで血管が縮んで狭くなり、血圧が高くなります。

そしてまた暖房の効いた暖かい部屋に戻ることで
血管が広がり、血圧が下がる・・・

こうした血圧の急激な変化は、
脳出血や心筋梗塞などを引き起こし
体へ悪影響を及ぼす恐れがあります。
これが「ヒートショック」と言われ、
暖差リスク」とも呼ばれています。

特に冬場は、高齢者の人、
高血圧や動脈硬化の疾患を持っている人は
注意が必要とされています。

寒暖差に注意!「朝のゴミ出し」で血圧が・・・

主婦・主夫ならだいたいの人が
経験しているかと思いますが
冬の朝のゴミだし

ゴミを出しに行く時、部屋着のまま行ってませんか?

ちょっとそこまでだから・・・
コートを持ってくるのが面倒だから・・・・
走って行けば大丈夫!

なんて思っていたら大間違いです!!

温かい部屋から、寒い屋外へ出ることで
ヒートショックに落ちります。

コートも羽織らず、体温は低下し始め
そして猛ダッシュをすることで血圧は一気に上昇!
そしてまた猛ダッシュで家の中で、血圧の低下。

もう考えるだけで、身体に悪影響なのでは明白ですね。

あ、やってしまっている・・・
でも朝のゴミだしをしない訳には・・・

そんな時は「オネエ走り」がおススメです。

スポンサーリンク

「オネエ走り」でヒートショック対策?

まずは「オネエ」を想像してみましょう!
どんな仕草をしていますか?

小脇をキュッとしめて
小指を立てて・・・
そして内股気味な足。

そんな感じですね!

まず、この脇をしめて軽く腕を振ります。
そうすることで、脇にある太い血管が温まります。

太い血管は、首筋(頸動脈)や脇の下、
太ももの付け根などに通っているそうで
この太い血管を温めることで
ヒートショック対策になるというのです。

同じように、内股にして太ももを
擦り合わすように動かして
太ももの付け根の太い血管を温めましょう!

この仕草がオネエに似ていることから
オネエ走り」と命名されました!
冬の寒い朝のゴミ出し時におススメの動きなのです!

もちろん、ゴミ出しの際には
コートを羽織り、
首元は必ずマフラーも必ず巻きましょう!

首が露出していると、
首からの冷気で血管が冷やされ、
全身を冷やしてしまうことに!
マフラーは、ヒートショック対策には欠かせません

ちなみに、朝起きた時も布団の中で
このオネエの仕草、
小脇を温めてからベットから出ると
血圧上昇を防げていいそうですよ!
ぜひお試しあれ!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。