家の埃は危険が凄かった!掃除で窓開けるは間違い?換気のタイミングでウイルス対策【なないろ日和11/19】

家の埃は危険が凄かった!掃除で窓開けるは間違い?換気のタイミングでウイルス対策【なないろ日和11/19】

あと一か月もすれば、年末ですね。
年末と言えば、大掃除の時期。
毎年恒例だけど、めんどくさい行事でもあります・・・

今日の「なないろ日和!」は

・掃除で病気を予防?
・家の埃は危険がいっぱい!
・窓を開けてはいけない?
・ゴシゴシこすりはNG!
・ウイルス対策

などの内容が取り上げられます。

あなたは掃除のとき、窓を開けていませんか?

私は窓を開けながら掃除機をかけます。
掃除機が終わるまで、窓は開けっ放しです。

寒い冬は窓を開けて掃除をしていると風邪を引かないかと気になります。
一応、対策としてはマスクをしながらなのですが・・・

だって、掃除機から出る空気とか、めっちゃクサイですし
換気せずに掃除機をかけている方が、なんだか体に悪そうですよね。

考えたら、いつも掃除をするときに習慣で行っている作業ではありませんか!
小さい時からの習慣なので、間違っているなど考えたこともありませんでしたが
いったい何が間違っているのでしょうか?

掃除で病気を予防する、掃除機のかけ方や窓をあけるタイミングなど
気になる内容です。
日々の掃除や、年末の大掃除に大いに役立てましょう!

スポンサーリンク
 

今回のなないろ日和によると、今年の冬は超危険!
今年はインフルエンザとノロウイルスが同じ時期に流行しやすいというのです。

家の埃は危険が凄かった!掃除で窓開けるは間違い?換気のタイミングでウイルス対策【なないろ日和11/19】
イシハラクシニックの石原新菜先生

通年はノロウイルスが流行してから、インフルエンザが流行する傾向にあるのですが
すでにインフルエンザがは流行っていることもあり、本来のノロウイルス流行の時期にインフルエンザも重なるため、今年はダブルパンチの危機が予想されます。

この時期は屋外だけではなく、家の中にもインフルエンザの危険が潜んでいます。
それは、外から洋服などに付いて持ち帰った潜在ウイルスが家の中に侵入し、そのウイルスが部屋のホコリに付着して、ハウスダストからインフルエンザに感染する可能性があるというのです。

家の中のたまったホコリからインフルエンザに感染するなんて、ちょっとビックリしますよね。
そんなWの危険な時期を乗り越えるためには、まずは身近な所の掃除が大切。
徹底的にホコリを除去することから始めましょう!

「失礼ね!毎日掃除してるわよ!」

と言う声も聞こえてきそうですが、実はちゃんと掃除してるつもりでも間違った掃除の方法ではホコリは拭えないのです!!
そこで今回のなないろ日和では、「病気を予防する正しい掃除の方法」が紹介されました!
目からウロコの掃除方法です。
いつも自分のしている掃除の方法と見比べてください。
意外と間違ったやり方をしているかもしれませんよ!

病気を予防する正しいリビングの掃除方法

家の埃は危険が凄かった!掃除で窓開けるは間違い?換気のタイミングでウイルス対策【なないろ日和11/19】

まず、換気です。掃除するときに窓を開ける習慣になっていませんか?

私は小さいころ、掃除のときに窓を開けるように言われた記憶があります。
そのことからも、窓を開けずに掃除するなんて考えたこともなかったですが、実はこれが間違っていると言うのです!

実は換気と思っていことが、外から空気にのってホコリや汚れが侵入するので
掃除する時は窓を開けずにしましょう!
エアコンも掃除する時につけていると、ホコリがエアコンの風にのって部屋中に舞ってしまい掃除の意味がありません!エアコンもオフにしましょう!

次にフローリングの掃除でモップ掛けをする場合です。
このモップ掛けの場合は、乾いたモップを使用しましょう。
なぜなら、床には乾いたホコリや汚れが多く存在するため、ウエットタイプのモップではそのホコリや汚れを塗り広げていることになります。そして濡れた床の水分は蒸発するため、結局、ホコリや汚れだけが残ってしまうのです!

そしてモップ掛けは必ず一方向で!引いてしまうと、ゴミを置いてけぼりに・・・
部屋の真ん中から初めて、らせんを描くようにポップ掛けをするのが一番キレイになるそうです!

最後は床の皮脂汚れ
床が白っぽく汚れているのは、足の裏の皮脂が原因。
それを拭き取るのは、重曹水がおススメです。
そして乾いた布や雑巾などでゴシゴシ擦るのではなく、グリグリと吸い取るイメージです。

スポンサーリンク

病気を予防する正しいトイレの掃除方法

家の埃は危険が凄かった!掃除で窓開けるは間違い?換気のタイミングでウイルス対策【なないろ日和11/19】

トイレは家の中でホコリが溜まる場所としてはNo.1を誇っています!
って、全然誇らしいことではありません!
トイレはホコリの温床なのです!!

え?なんでトイレって思いませんでしたか?
私もビックリしたのですが、その理由としては・・・

まずはトイレットペーパー。紙ですね。
コロコロ使用するたびにホコリとなって舞います。
次に、服の脱着
脱いだり、履いたりするたびに、ホコリが舞います。
そしてトイレの扉をご覧ください。下に少し隙間がありませんか?
その隙間から家の中のホコリが侵入します。

結果、一番ホコリが溜まってしまうのです!

なので、初めにホコリ取から始めましょう!
それには、100均なので売っている「ガラスのスクイージー」
これに少し切り込みを入れて使用します。
切り込みにホコリが引っかかって、驚くほどホコリがとれます。

そして便器。
便器を掃除する時に使用する洗剤は、吹きかけてから2~3分放置。
汚れと馴染ませ中和せるのがコツです。

それからトイレブラシで掃除するのですが・・・
このトイレブラシにビニール袋をかけてください!!

家の埃は危険が凄かった!掃除で窓開けるは間違い?換気のタイミングでウイルス対策【なないろ日和11/19】

ちょっと奥さん、驚きでしょう!!私もビビりました!
でも、これで便器を掃除しても、ビニールを被せず掃除するときと同じように汚れが落ちるというのですよ!

終わったらクルリンパとビニール袋をひっくり返してポイ!
トイレブラシはいつまでもキレイですので、ブラシキャップの中も清潔が保たれ感染症の予防に一役買ってくれます。あのブラシキャップが一番汚いですから!

ホコリを溜めない、トイレブラシを汚さない、これでトイレの清潔を保ちましょう!

うーん、ちょっと抵抗ありますが、やってみようと思います。
ちなみに、タワシタイプのトイレブラシでもOKとのこと。
激しく擦らなければビニールはほぼ破れないそうです。

病気を予防する正しい寝室の掃除方法

最後は寝室です。
寝室はトイレの次にホコリが溜まりやす場所です。

寝室は乾いた寝具ため、フワフワしたホコリが多いです。
そのホコリを吸い込んだすることでインフルエンザ感染のリスクが高まります。

でも毎日シーツを洗ったり、布団を干したりできませんよね。
そこでちょっとした工夫。
枕周辺にバスタオルを敷くことです。
このタオルを毎日取り換えることで病気を予防します。
寝返り、くしゃみや咳など、もっとも汚れが溜まりやすい枕元を清潔に保つことが重要です。

最後に加湿。
冬の寝室はエアコンを付けて就寝しがち。
エアコンは空気を温めるだけなので、空気が乾燥します。
乾燥は病気の大敵ですね。
乾燥しすぎると喉や鼻の粘膜の機能が低下してウイルス感染を起こしやすくなります。

 

そこで活躍するのが加湿器
加湿器は、喉を守るため顔周辺に蒸気がかかるように設置しましょう。
しかし加湿しすぎるを、今度は温度が上昇するので、ダニやカビが活性化します。
なので、加湿器は湿度をコントロールできるタイプの加湿器がおススメだそうです。

病気を予防する正しい掃除のまとめ

いかがでしたか?
やってしまっている掃除方法ありませんでしたか?
またちょっとビックリな掃除方法も紹介されて参考になしました。

もうすぐ大掃除の季節。
今年の大掃除はこれで完璧ですね!