レジ袋有料化の義務付けはなぜ?目的は?いつから実施?目的と効果や対策、反対意見もアリ?

レジ袋有料化の義務付けはなぜ?目的は?いつから実施?目的と効果や対策、反対意見もアリ?

主婦にとってレジ袋は重宝するアイテムではありませんか?
各部屋のゴミ袋にしたり、小分けに使ったり。

何かのときのために、カバンに一枚入れていたりします。
私は、レジ袋をサイズごとに分けて用途に応じて使っていました。

知らない間にたくさんたレジ袋がまっているときもありましたが
使わなくてもレジ袋自体を捨てることはなかったのですが・・・

「環境省がプラスチックごみ削減に向け、買い物の際に配られるレジ袋の有料化を義務付ける方針を固めたことが11日、分かった。関連法の改正を視野に、具体策を中央環境審議会で議論する。共同通信が報じた。」

今ではスーパーやコンビニエンスストアで買い物をしたら、
レジ袋に入れてくれることが当たり前でした。

特に意識することもなく普通に貰っていたレジ袋。

しかし最近、私の勤務するクリニックの周辺にある
ほとんどのスーパーが、レジ袋が有料になりました。

買い物をしたのだからタダ同然と思っていたレジ袋。
しかし、それが無くなって有料に。

エコの為とはいえ、エコバッグを持つクセがなかったので、
スーパーに着いてからマイバッグを忘れたことに気がついて焦るんです。

早く習慣付けようと思うのですが…

スポンサーリンク
 

レジ袋有料化の義務付けはなぜ?目的は?理由や背景は?

よく地球の温暖化が進んでいるのニュースなどで取り上げられていますね。
地球温暖化の大きな原因は、石油や石炭を燃焼させた場合に発生する二酸化炭素(CO2)。

じつはレジ袋の素材はポリエチレンという石油からできています。
日本で消費しているレジ袋は年間およそ300億枚以上で、
およそ1人当たり300枚くらい使っている計算になるといわれています。

レジ袋一枚作るのに必要な石油はおちょこ一杯分、およそ20CCくらいで、
レジ袋がなくなれば、およそ60万キロリットルの石油が節約できることになります。

このようなことから、
CO2の発生を抑制することが環境問題を解決する第一歩とされてるのです。

また、膨大な量の使い捨てプラスチックごみなどで
深刻な海洋汚染なども問題視されています。

プラスチック製品であるレジ袋は、
分解して無くなるまで1000年以上もかかるとされています。
自然へ還元されずに半永久的に自然界に残るそうです。

実際に、鳥類や海洋生物のイルカやウミガメなどが、
レジ袋をエサと見間違えて飲んでしまい、死亡するケースが増加しているとのこと。

レジ袋を食べた動物たちが死んでしまったあとも、
プラスチック製品は完全に分解されずまた、別の動物たちが食べる・・・
という負の連鎖を引き起こします。

日本では、奈良公園の鹿が、食べ物の匂いがついているレジ袋や
プラスチック容器の一部などを食べ、死亡するケースなども報告されています。

私もサーフィンをする為に海に入りますが、必ずと言っていいほど、
レジ袋やお菓子のビニール袋などが浮いています。

波打ち際にも、たくさんのプラスチック製品のゴミが打ち上げられていて
毎週日曜日には、クリーンビーチと言って地元や各方面から来たサーファーたちと
海岸を掃除をしますが追いついていないのが現状です。

レジ袋有料化の義務付けはいつから実施?目的は?

気になるのは、レジ袋の有料化がいつから始まるのかですが
まだ正式には決まっていないようです。

10月の中旬に行われる予定の国の審議会で詳細が決まってからとのことです。

レジ袋有料化の義務付けして、レジ袋を削減しても
地球温暖化防止までは、まだまだ長い道のりです。

しかし他にもたくさん問題はある中でレジ袋の大量生産、
レジ袋の大量消費、レジ袋の大量廃棄などを
私たち個人が見直しすることで少しでも早く環境保護に近づくために、
今すぐできるエコロジーとしてレジ袋有料化が広まったのです。

スポンサーリンク

レジ袋有料化の義務付けの効果や対策は?

紙袋よりも安価に製造できるため、
1970年代後半からスーパーなどで普及しました。

そのためゴミ袋として使いきれずにレジ袋そのものが
ゴミとして大量に廃棄されるようになったのです。

レジ袋削減による効果には

  • 石油資源をムダにしない
  • 焼却時のCO2を減らす
  • 消費者の環境意識の向上
  • 廃棄物の減量により環境破壊を抑制する

などがあげられています。

また、環境省が、レジ袋の有料化や辞退する客へ
ポイント付与といった「プライシング(価格付け)」を、
スーパーやコンビニなどの小売店舗に義務付ける方針を固めたそうです。

確かに、こんなにたくさん買っているのだから
タダ同然のレジ袋くらいほしい!と思ってしまっていました。
今度はそれが有料化するとなると、なんだか損した気分になります。

でもレジ袋辞退することで、ポイント還元があるのなら
店も客もお互いがまさにWin-Win(ウィンウィン)の関係ですね。
ぜひ、購入金額からの割引も義務付けてほしいです!
値引きをしてくれないスーパーもありますから。

レジ袋有料化の義務付けの反対意見も

レジ袋有料化への反対意見も、もちろんあります。
でもどちらかというと、レジ袋有料化に付随する事柄が多く見受けられました。

確かに、コレありますね。
私も何度か、商品をそのまま持って帰りましたが 疑われないように、
レシートは捨てずに持っていました。

そうですよね、モラルの問題も大きいです。
レジ袋だけではなく、ゴミをゴミ箱に捨てない人を見かけると
「あなたのような人がいるから・・・」と思いますね。

あるある話になりそうです。
怖いですね、サービス業は立場的に言い返せないですもん。
大きなトラブルにならないことを祈ります。

まだまだたくさんのご意見があります。
レジ袋有料化に伴う問題もこれから出てきそうですね。

レジ袋有料化の義務付けのまとめ

エコはいいことだと思います。
きっと義務付けられて、しばらくすれば慣れるのでしょうが なんでもそうですが、
新しいことを始めると、どうしても反対意見がでますね。

みんながWin-Win(ウィンウィン)の関係って難しいですね。
ちなみに私は賛成です。
でもポイント還元や値引きもぜひ義務付けして頂きたいです!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする