高田賢三の実家は浪花楼。服を愛しパリコレで活躍も現在は?【爆報フライデー】

日本が誇る有名ファッションデザイナーの高田賢三さんが
2018年9月28日(金)放送の「爆報!THE フライデー」に出演されます。

高田賢三さんのブランドは「KENZO(ケンゾー)」といい

今の若い人たちはあまり知らないかもしれないですが

1970年代から日本ブランドの先駆けとして
世界的ブランドにまで上り詰めた日本人デザイナーの
パイオニアでもあります。

そんな世界最高峰のデザイナー、
ケンゾーの高田賢三さんは今・・・?
いったい何を語ってくれるのでしょうか?

番組の中では、パリ在住・高田賢三さんのの自宅公開と
華麗な交友関係が明らかに・・・!?

スポンサーリンク
 

高田賢三プロフィール

高田賢三の実家は浪花楼。服を愛しパリコレで活躍も現在は?【爆報フライデー】

出典:THE FASHION POST

名前:高田賢三(たかだけんぞう)

生誕日:1939年2月27日

出身地:兵庫県神崎郡、姫路市
職業:ファッションデザイナー
   「KENZO(ケンゾー)」創業者
学歴:神戸市外国語大学中退、
   文化服装学院出身

高田賢三さんの実家や生い立ち

高田賢三さんは1939年、
五男二女という大家族の三男として兵庫県に生まれます。

実家は「浪花楼」という日本旅館を経営していました。

小さいころから内気で、和服の女性に囲まれて育ち、
家の中で母親や姉と静かに過ごすのが好きな少年だったといいます。

姉が洋裁の勉強をしていたことから次第に服飾に興味もちます。
しかしその頃の日本には、男子でも入学できる服飾学校はありませんでした。
この時から、ケンゾーブランドの始まりかもしれません。

高田賢三さんのケンゾーブランドについて

1970年にパリコレクションデビュー。

ケンゾー(KENZO)はフランスのラグジュアリーブランド。
カラフルな色使いや花柄、和洋折衷など独自のテイストで注目を浴びます。
メンズ&ウィメンズウェア、アクセサリー、香水など幅広く展開しています。

仏芸術文化勲章(シュヴァリエ位)を受けるなど、
高く評価されています。

また出身校の文化服装学院では、花の9期生と呼ばれ
コシノジュンコやNICOLEの松田光弘や、ピンクハウスの金子功など、
ファッション業界の著名人と同じでした。

スポンサーリンク

高田賢三さんの今現在は?豪邸や作品を売却?

高田賢三さんの今現在ですが、実は明確な情報がありません。

しかし今回2018年9月28日(金)放送の
「爆報!THE フライデー」に出演されることで
注目を浴びることになると思います

ネット上では高田賢三さんが豪邸や作品を売却と
ウワサされています。

理由はケンゾーブランドのパートナーだったグザビエ氏が1990年に亡くなり
翌年の1991年にはパタンナーであった近藤淳子さんが病気で倒れます。

ケンゾーブランドには欠かせない2人がいなくなってしまい
徐々に経営が悪化、結果的に株式売却となってしまったそうです。

キャッシュフローがうまくいかず高田賢三さんは
豪華な邸宅や作品などを売却するなどし、頑張っていたそうです。

素晴らしいデザインの才能を持った
日本ブランドのパイオニアでもある高田賢三さんですから
ファッション界、または映画監督などで
またメディアに登場する可能性は十分ありますね。

そんな目立った活動もなかった高田賢三さん、
「爆報!THE フライデー」では何を語ってくれるのでしょうか!?
番組の内容で高田賢三さんの動向に注目しましょう!

こちらでも新しい情報が分かり次第
追記していきます!

まとめ

私が小学氏の時は、高田賢三さんのケンゾーブランドを
始め、コシノジュンコさんやコシノミチコさんなどの
ファションも流行していました。

でも結構、高価なものだったので
なかなか着せてもらえず、憧れでした。

でも、時代は繰り返されます。

また高田賢三さんのケンゾーブランドが
ファッション誌の表紙を飾るときが来るかも知れません!
大いに期待したいと思います!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする