花粉症かも?この症状は何科に受診すればいい?皮膚科でも大丈夫?

花粉は年中飛んでいます。
季節によって飛ぶ花粉が違いますので人によっては、
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、更には目の痒みや充血、顔の痒みもあったりしますね。

スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で生じるアレルギー症状を「花粉症」と呼びます。
花粉が原因で起こるアレルギー性炎症は様々で人によって症状が違います。
現在、日本人のおよそ4人に1人が花粉症だと言われています。
また、花粉症はいままで何の症状がなくても突然発症することもあります。

でも実際のところはどうなんでしょうか?
あなたのその症状は花粉症によるものですか?

私もあるときは鼻水が止まらなかったり、鼻づまりになったり
あるときは微熱と咳が出たり声が枯れたり、風邪の症状によく似ています。
自分では判別できませんね。

じゃぁ、一体どうすればいいのでしょう?

風邪なのか花粉症なのか判断がしにくい場合、
何かを受診すればいいのでしょうか?
また病院に行ったけど、どんなことするの?治るの?
検査はしてくれるの?いくらかかるの?

花粉症にまつわる気になること、調べてみました。

スポンサーリンク
  

病院へ行く前に花粉症のセルフチェックをしよう!

花粉症の症状が現れやすいのが、鼻と目です。
鼻の三大症状と言われるのが、くしゃみ、鼻水、鼻づまり。
さらさらとした水っぽい鼻水が流れることが特徴です。

一方、目の三大症状と言われるのが、目のかゆみ、目の充血、涙です。

このほか、体がだるい、熱っぽい、イライラする、喉や顔、首がかゆい
集中力が低下するといった全身症状を伴うこともあります。

風邪の症状とよく似ていて間違われやすいのですが、もし風邪であれば
1週間程度で治るのに対し、花粉症は花粉が飛んでいる間は続きます。
高熱がでる、ネバネバした鼻水がでる、腹痛や下痢などの胃腸症状がある場合は
風邪が原因となっている可能性があります。

花粉症セルフチェック

●サラサラした鼻水がでる
●頭が重い・頭痛を感じる
●1日に10回以上くしゃみがでる
●1日中鼻が詰まっている
●高熱は出ない(37.5度以下の微熱はでる)
●目がかゆい・充血している
●鼻づまりでよく眠れない
●症状が1週間以上続く

セルフチャックがすべて当てはまる場合は花粉症の可能性が高いので
病院で検査をしてみましょう。

花粉症の症状は皮膚科を受診でも大丈夫?

花粉症の症状が一番つらい患部の病院に行くのがベストです。

スポンサーリンク

たとえば、症状は目・鼻・のど・頭など全てに花粉症の症状が見られる場合でも

→目のかゆみよりも鼻の症状の方が辛い・・・耳鼻科
→喉もかゆいけど目のかゆみが一番ひどい・・・眼科
→鼻水も多少出るけど、喉のかゆみやたんが辛い・・・耳鼻咽喉科
→くしゃみと鼻水も出るけど顔や首の痒みが気になる・・・皮膚科

といった具合で、出ている症状の中で一番ひどい科を受診すればいいのです。
しかし、家の近くに必ずしも希望の病院があるとは限りません。
内科でもきちん受診は可能です。

ちなみに私が勤めている皮膚科でもたくさんの花粉症の方が
来院されます。院長先生は皮膚科専門医ですのでアレルギーに対しても
スペシャリストなので、遠方にお住いの方でも花粉症の症状で訪れます。

花粉症の診断は、血液検査で分かります。
どの科に行っても血液検査は実施しているところが殆どですし、
精密度も高いので、ほかの検査よりもおススメです。

アレルギー血液検査

血液検査には、血中のアレルギー反応(総IgE)が多いか少ないかを調べる検査と、
どの花粉(スギとかヒノキなど)に反応するのかを調べる検査(特異的IgE)があります。

検査代は、IgEの総量を調べる検査が1000円。
原因となるアレルゲンを調べる検査は、1種類1100円です。
13項目まで保険で調べることができます。1回の検査あたり14300円が上限です。
これらに検査判断料として、1440円がかかります。
(検査判断料は、免疫学関連の検査をいくつ行っても1440円で、月に一回かかります)
花粉の種類やハウスダストなどもありますので、先生と相談しながら
気になる項目を選ぶと良いですね。

このほか、皮膚反応検査や鼻粘膜誘発テスト、花粉のエキスを点眼して目の反応をみるテストや、目の粘膜などをブラシを使ってとり、アレルギーを起こす白血球がないか顕微鏡で観察する検査などもあります。血液検査以外はそれぞれの病院でもやっていない場合もありますので、受診前に電話して確認することをお勧めします。

まとめ

「花粉症かな?」と思ったら近くの医療機関に行きましょう。
花粉症を起こしている原因の植物を調べて、自分に合った治療方法を
見つけることが大切です。
血液検査では、花粉症以外のアレルギーも調べることが可能です。
食べ物や、ペットに対する反応、ハウスダストなど様々なアレルギー反応を調べられます。
一度、かかられた病院の先生に相談してみてください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする