地震でインターネットがつながらない!災害情報収集方法はオフラインアプリがおすすめ!

地震でインターネットがつながらない!災害情報収集方法はオフラインアプリがおすすめ!

先日の大阪台風、北海道の震度7の地震、そして大規模停電。

災害大国日本といえ、ホントに多くて
どうにかなってしまうのではないかと不安になってしまいます。

災害が起きると、必ず付随するのが停電。
停電になるとたちまち、いろいろと生活に支障が出ますね。

テレビも、もちろん付かなくなるので、今現在の災害の情報が見れません。
そうなると、情報のライフラインは携帯やスマホになると思います。

しかし地震などの災害が起きると、インターネットも繋がりにくくなることがあります。
通信が渋滞したり、制限されることがあるからです。

そんなときに役に立つのが、オフライン状態でも使用できる災害アプリです。
通信が出来ない状態でも利用ができます。

今回は、地震や台風でインターネットがつながらない時でも
オフラインで災害情報を収集できるおススメのアプリをシェアしたいと思います。

スポンサーリンク
 

地震でインターネットがつながらない訳

昔と違って、今はネットの時代。

最新のニュースも、エンタメも
ほとんどの情報はネットから収集することが多いと思います。

若い人なら、当然、情報収集はインターネットですよね。

音楽もインターネットからダウンロードして聞く派ですから
CDなどを聞くオーディオなんかもありませんので
当然、ラジオなんて家にはありません。

ラジオがあると、もしも停電などでテレビが見れなくなっても
災害の情報が聞けるので役に立ちますね。

でも、携帯やスマホのみがライフラインの場合は、
インターネットに頼るしかありません。
私もそうです。ネットが唯一の情報源になります。

しかし、災害が起きるとみんなが一斉にインターネットにアクセスするので
回線がパンクしたりして通信が困難になります。

今、どこで何が起こっているのか、友だちは無事なのか、
避難所の場所はどこなのか、電車は動いているのか、
どの道が通行止めになっているのか・・・・・

膨大なネットのアクセスによって回線が混雑したり、
サーバーがダウンしたり、被害によって回線が断線したりなど、
そういった事から、通信が制限されてしまうと、
緊急時なのにインターネットになかなか接続できないという事態になる訳です。

スポンサーリンク

災害時の情報収集の方法ならオフラインアプリがおススメ!

災害発生時は、ネットへのアクセスが集中して通信が渋滞したり、
規制されたりすることも珍しくありません。

災害時にインターネットが繋がらなくなってしまうようなことがあったら、
どうすればよいのでしょうか?
怖くて考えたくもありませんが、可能性はゼロではありません

実際に大規模な回線集約施設が大きな被害を受けたら
回線がパンクしたりしてインターネットが使えない可能性もある
とも言われています。

でも大丈夫!

そんな時はオフライン状態でも使用できる災害アプリがおススメです。

オフラインの災害アプリは、
ネットワークに接続されていない状態や
通信が出来ない状態でも利用できることが特徴です。

オフラインで利用できるおススメ災害時アプリ3選

マップファン(カーナビアプリ)

新しい道路も毎月更新。
近くて空いている駐車場最安のガソリンスタンドが検索できます。

東京都防災アプリ

安否確認や防災マップなど災害時に役立つ機能が搭載されています。
現在地やユーザーが選択した場所の危険度のほか防災施設などが掲載されています。

ポケットシェルター

2018年5月1日よりオフライン機能など全機能完全無料で提供されてます!
日本語はもちろん、英語、中国語、韓国語に対応しています。

オフラインではないのですが・・・

トヨタ通れた道マップ(WEBブラウザ)

こちらはネット通信が必要ですが、特徴はトヨタ独自の交通情報で
男性の方に好評のようです。

ネット通信不要災害時のオフラインアプリのまとめ

便利になった世の中でも、アナログの方が良いこともあるのですね。

ラジオは防災アイテムとして必須かもしれません。
今ならラジオと懐中電灯がセットになっているものも通販などで売っているので
おススメです。

ひと昔前に流行ったワンセグテレビ。
お持ちの人は捨てずに置いておきましょう!
私は、デジタル放送になったのと同時に使うことが無くなったので
捨ててしまいましたが置いておけばよかったと後悔しています。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする