さくらももこさん訃報で蘇った!りぼんの漫画が懐かしい80年代

さくらももこさんが2018年8月15日(水)に乳がんのため
亡くなられたというニュースが流れ
驚きを隠せない人たちが多いのではないでしょうか?

私もその一人です。

さくらももこさんと言えば、漫画「ちびまる子ちゃん」が超有名ですね!
国民的漫画でもある、ちびまる子ちゃん。

日曜の夕方、サザエさんの前に始まりますね。
月曜日が始まるための儀式みたいな感じで、
サザエさんを見るのがニガテだったのですが
ちびまる子ちゃんは見てました。

あのほのぼのとしたゆる~い感じが
気持ちを穏やかにさせます。

ちょっと、おっちょこちょいな、まるちゃんですが
たまに鋭い一言を言ったりするところがシュールで好きです。

そんなちびまる子ちゃんの原作者、さくらももこさん
初めて知ったのは、少女コミックである漫画「りぼん」

そう何を隠そう、私は「りぼんっ子」です!

さくらももこさんの訃報で蘇った青春時代!
漫画「りぼん」の懐かしい80年代名作を思い返してみました!

スポンサーリンク

漫画「りぼん」とは

子供のころ「りぼん」が本当に楽しみだったんです。
そんなアラフォー世代の人、多いでしょう? 

漫画「りぼん」はなんといっても「全プレ」が良かった!

全プレとは、応募者全員にもれなくプレゼントなんです!
抽選とか、商品の発送をもって・・・とかではなく、
応募すれば必ず貰えるのです!

そのころは付録規制の厳しかった時代らしく
全プレなんて、りぼんくらいだったように思います。

お値段は、当時は月刊380円。
小学生にはちょっと高い買い物ですね。
親にお願いして買ってもらえる一冊でした。

「なかよし?りぼん?どっち読んでる?」
「え?あたし、りぼん」

みたいな『りぼん 対 なかよし』で競い合うくらい
大人気で少女漫画の全盛期です。

80年代の漫画 りぼんの私的名作4選

「ときめきトゥナイト」(池野恋)1982年7月号~

吸血鬼と狼女を両親に持つ魔界の女の子が人間の男の子に恋をする話。

アニメにもなっていました。
ホントに好きでしたね!切なさがキュンキュンの少女漫画です!

ちびまる子ちゃん(さくらももこ)1986年8月号~

言わずと知れた国民的アニメになりましたね。

当時はそんなこと、誰が予測したでしょうね?
今ではすっかり長寿番組。

まるちゃんのシュールなツッコミとあるあるネタも面白い。

有閑倶楽部(一条ゆかり)1981年~

生徒会の役員を務める6人の主人公全員が美男美女であり超お金持ち。

生徒会らしいことはほとんどすることなく色んな事件に首をつっこみ関わっていく。
文字で書くと普通なんだけど、引き込まれるユニークさがありました。

お父さんは心配症(岡田あーみん)1983年5月号~

娘を心配するあまり、ヘンな行動をとるお父さんの話。

ちょっと怖いカンジもするけど、ブッと噴き出す面白さがありました。
TOKIOの国分太一さんが、ヒロインの彼氏役でドラマ化しています。

実は「ちびまる子ちゃん」との合作を果たしたこともあり
作者の岡田あーみんさんと、さくらももこさんとの合作中のエピソードも入っています。

まとめ

あー、なんて懐かしい作品ばかりなんでしょう!

懐かしすぎて涙が出そうです。

アラフォー世代の人は、今回のさくらももこさんの件で
りぼんを思い出した人もいるのでは?

青春時代をりぼんで育った私にとっても
今回のさくらももこさんの訃報は残念で仕方ありません。

改めてご冥福をお祈りいたします。
ステキな作品をありがとうございます!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする