インフルエンザ予防接種後の体調不良は副作用?風邪症状との見分け方は?

インフルエンザ予防接種後の体調不良は副作用?風邪症状との見分け方は?

11月に入り、インフルエンザの予防接種を受けた人が
どんどん増えているのではないでしょうか?

インフルエンザウィルスが猛威を振るう前に打っておかないと!と
こぞって皆さん受けられていますね。

私が勤務する皮膚科でもインフルエンザの予防接種を実施していますが
皮ふ科なのに、結構たくさん受けに来られます。

皮膚の受診のついでなら何となくわかりますが、
わざわざインフルエンザの予防接種のみを受けに来られるので
ビックリしています。
(たぶん皮膚科ならワクチン余ってるだろう的な、逆に入荷数に限りありますから!)

でも、せっかくインフルエンザの予防接種を受けたのに
その後、体調がすぐれない事ってありませんか?

私は2年程前から、毎回受けたインフルエンザの予防接種後は
すべて体調不良になり、風邪の症状が出ていました。

案の定、今回もバッチリ風邪の症状が出てるのですが、
気になって調べて見たら、以外に同じ悩みで悩んでる人が多くいました。

かかりつけの先生に症状の経緯を話すと、
どうも2年前からインフルエンザの株の培養工程が変わったらしいと言っておられました。
もしかしたらそういった事も、関係かるかもしれませんね。
実際に2年以上以前に打ったインフルエンザワクチンでは何の症状もありませんでしたから。

インフルエンザにかからないように、
予防の為に打ったワクチンで風邪の症状に苦しまされるのは本末転倒ですね。
しかしこの風邪の症状が、本当にインフルエンザ予防接種後の副反応や副作用
なのでしょうか?気になったので調べてみました。

スポンサーリンク
 

インフルエンザ予防接種後の副反応・副作用は接種から何日程度で終息?

インフルエンザの予防接種後に色んな副反応・副作用を経験している方も多いと思います。
患部の腫れや、痒み、痛みなどは良くある話ですよね。

また、インフルエンザの予防接種をしてから体調が悪くなった!
という話もよく聞きます。実は私もその一人です。

インフルエンザの症状の特徴は、発熱・悪寒・頭痛に急に襲われ
筋肉痛や関節痛と共に40度近い高熱が出るのが特徴ですよね。

私の場合は、木曜日にインフルエンザの予防接種を受けてから、
翌週の月曜日から急に頭痛がして、喉の痛みがありました。
鼻水・鼻づまりの症状、そして微熱。さらにが出てきました。

月曜日から市販の薬を飲みだして木曜日に病院へ行きました。
その間およそ3日間服用した市販の風邪薬も効果を感じられなかったので、
私はてっきりインフルエンザの副反応・副作用だと思い込んでいました

急な風邪の症状に襲われたし、市販の風邪薬も効果がない。
高熱や関節痛が無いのはインフルエンザの副反応・副作用だから!と・・・

きっとそうに違いない!と思いながら、かかりつけのお医者さんに質問してみました。

かかりつけ医の先生の回答はというと・・・
インフルエンザの副反応・副作用にしては症状がダラダラと続きすぎているので、
おそらく風邪ですね。もしインフルエンザの副反応・副作用なら私の経験上、およそ2日程度で風邪の症状が終息するはず。」

「インフルエンザのワクチンは軽いインフルエンザにかかったような症状にすることで
免疫抗体を作るんだけど、まぁ簡単にいうと免疫が落ちて体が弱っている時に(免疫抗体を作っている時に)運悪く風邪のウィルスをもらったんだろうね。」

との回答でした・・・え!! 私、風邪なの!?

インフルエンザの予防接種後の副反応・副作用は、
ワクチンを打った患部の症状とは違い、2日程度で風邪の症状は終息するとのこと。

もちろん個人差はありますので一概に言えませんが、
大多数は2日程度で収まるとのことでした。

結果、5日分の抗生剤を頂いて様子を見ることになりました。
この内服している間に38.5以上の高熱が出ればもう今度は検査の為に受診します。

スポンサーリンク

インフルエンザの症状は高熱が出るはウソ!?

さて、インフルエンザと言えば高熱のイメージがあると思います。
38.5度以上の高熱が3~4日続いて・・・とイメージしてませんか?

高い熱が出ると思い込んでいるインフルエンザですが、
高熱が出ないインフルエンザもあるというのです。

私たちの体は病気のときに、
ウイルスと戦うために自分の体温を上げる力(発熱力)を持っています。
体内に入った細菌と戦うリンパ球は、体温が37度のときは活発に動き、
体温が35度に下がると活動が鈍くなります。
熱が上がるからこそ、リンパ球が細菌と戦いやすい状態になって
細菌をやっつけてくれるのです。

そんな発熱力ですが、残念なことに加齢とともに熱を出す発熱力が弱まっていきます。
実は風邪なのに、成人の2割、高齢者の5割の人は38度以上まで熱が出ないことがあるそうです。

また発熱力が弱っていなくても、高熱が出ないインフルエンザの場合もあります。
それには2つの理由が考えられます。

インフルエンザの予防接種を受けている場合

インフルエンザの予防接種をすでに受けている場合、
症状の軽いまま治ってしまうことがあるといいます。

インフルエンザの予防接種を受けていると軽い症状で済む
とうのはこのことですね。

市販の風邪薬を服用している場合

市販薬といえども、風邪の症状を軽減させますから
風邪薬の効能で一時的に熱や頭痛の症状を抑えている、と考えられます。

私は上記の2点とも当てはまりました!

インフルエンザにかかってしまっている!?

もしかしてインフルエンザ予防接種後の副反応・副作用どころじゃなくて
正真正銘のインフルエンザなんじゃ!・・・ヤバい・・・

万が一不安な場合でも、インフルエンザかどうか、いくつか見分けるポイントがあります。

筋肉痛や関節痛の症状がある場合は、熱が出なくてもインフルエンザを疑いましょう。
またあまり熱が高くないのに脈の速い場合も、インフルエンザであることが多いようです。

あくまで目安です。
自己判断せず、一番いいのはお医者さんで診てもらうことです。

インフルエンザの症状と風邪症状との違いは?

さて、インフルエンザと一般的な風邪の症状との違いはなんでしょうか?
症状を時系列で確認することも可能です。

インフルエンザは感染してからおよそ10日程度で治る

インフルエンザウィルスに感染すると潜伏期間が1日~3日あり、
その後インフルエンザに発症します。

発症してから3日間程度は38.5度以上の高熱が続き、
咳、喉の痛み、鼻水、食欲不振、関節痛、筋肉痛、頭痛、吐き気など、
体のいたるところに症状が現れます。
症状の進行は、風邪とは違い急激に悪化します。

風邪は感染してから3~7日程度で治る

風邪は、そのときの体調や体力にもよりますが早ければ3日、
遅くても7週間程度で回復します。

喉がムズムズするなと感じたときが、風邪ウイルスに感染したときで初期症状です。
鼻水、鼻づまり、喉の痛みの症状が現れ、その後、寒気、頭痛、発熱と悪化し
37~38度の微熱が続きます。

しかし、それぞれの症状は1日から2日程度で治まります
症状の進行は、インフルエンザとは違い緩やかに悪化します。

インフルエンザ予防接種後の体調不良のまとめ

あくまで私の経験上、と私のかかりつけのお医者様の話ではありますが
やっぱりインフルエンザの予防接種はしないよりはした方が良いとのこと。

確かに、インフルエンザの予防接種をしてもインフルエンザにかかってしまう人もいます。
そして、インフルエンザにかかる人の中でも、症状の軽い人もいればヒドイ人もいます。

しかし、確率的には症状が軽度で済むことの方が多いとのことです。

その人の、その時の環境や健康状態、精神状態で症状は左右されますが
割合でいえばインフルエンザの予防接種をした方のほうが
症状は軽度で済む方が多いと言われていました。

どんな型のインフルエンザにかかるかは分かりません。
前もって予防をしておくことが賢明です。

風邪でもインフルエンザでも、体が思うように動かなくて辛い時は
何もする気になれないし、食事も美味しくないですね。
健康のありがたみを感じてしまう季節でもありますね。

このブログを読んでいるあなた。
きっと今お辛いのでしょう。
お大事になさってください・・・