二次会に招待された異性の友人への結婚祝いはコレ!渡すタイミングは?

近々、職場の同僚が結婚することに!
プライベートを共有するほど親しい間柄ではないのですが
二次会に招待されました。

おめでたい席への参加は、もう随分前からほぼ皆無だったので
久しぶりの参加にちょっとドギマギしてます。

今回結婚するのは、少し年下の男子。

ここはちょっとお姉さんとしてオシャレな贈り物をしたいな~。

しかし新婦さんとの面識もないため、いつまでも残らいものをと考えています。
趣味に合わないものや使わないものをもらっても相手に無駄に気を遣わせてしまうかも知れませんし、お祝いは嬉しい反面、お返しも考えなくてはいけないので、なかなか気を遣うものですね。

またお祝いの品を当日に渡すと荷物になり大変だということを聞いたので
郵送を考えているのですが、そのタイミングについて調べると

「郵送は式の一週間前までには届くように手配すべき」という考え方と、

「事前に贈ってしまうと気を使わせてしまうので式の後日に届くようにすべき」

という考え方がありました。以外に知らなったな~。
確かに二次会の後、新婚旅行に行くかもしれないしね。

さて、どうしたものか。。。

スポンサーリンク
  

結婚祝いに悩んだらプリザーブドフラワーがおすすめ!

同性の結婚祝いなら、贈り物も選びやすいでしょう。
親しい友人なら、なおさらですね。

しかし、それほど親しくもなく、また異性となれば
更にお祝いの品物選びに悩んでしまいます。

ご祝儀が一番安定した贈り物にはなるかと思いますが
2次会のみ出席の場合、パーティの会費がご祝儀変わりになりますので
本来、贈り物も不要かもしれませんが、せっかくの祝い事ですし
贈りたいと思うならば、おススメなのがブリザーブドフラワーです。

枯れないお花で有名なプリザーブドフラワー。
枯れないといえども2~3年もすれば色あせてきます。
祝い事のお花の中でも、手入れも世話も不要ですので
適当な期間美しいお花を楽しめ、ある程度すれば処分も出来るので
気遣いのある消耗品としてお勧めです。

スポンサーリンク

また、遠方にお住いの方で2次会の参加も出来ない場合は
ブリザーブドフラワーの電報もありますので
他の人と差を付けたい粋なお祝いなら、これを使わない手はないでしょう

結婚式の二次会で贈答品を渡すには当日?それとも後日?

さて、贈り物を渡すタイミングもまた重要です。

贈り物で悩んだ後は、贈り物の渡し方や渡すタイミングをにも
悩みますね。

結婚する二人にとって、結婚式やその後の披露宴、二次会など
やらなければいけないことがたくさんあって何かと大変です。
色々と気を遣わせたくないのが本音です。

一般的な考えとしては、結婚式に招待されたか、されてないかで
渡すタイミングが変わってきます。

結婚式に招待さていない、2次会のみの出席の場合

お祝いを贈るのは挙式後にしましょう。
挙式前に贈るのは、相手が招待していないことを気にしてしまうため、
避ける方が無難です。
また二次会後の新郎・新婦の予定にもよりますが、
できれば贈るタイミングは挙式後で、少し落ち着いてくる2~3週間後ぐらいに
品物が到着することが適切です。

新婚旅行から帰って、ホッとしたところでお祝いの品が届くと
「あ~、結婚したんだなぁ」としみじみ幸せを感じると思います。

間違っても、2次会当日に手渡すことだけはしないようにしましょう。
荷物になって、大変困ります。

ブリザーブドフラワーの郵送方法

ではいざ郵送しようと思った時に、やはりお花ですから気を使いますね。

自作したプリザーブドフラワーを郵送する際は、器を詰め物やガムテープ等で
箱の底に固定する必要があります。
また宅配業者に依頼する時は、壊れ物だということを話しておきましょう。
壊れ物だから料金が高くなることは有りません。

しかし、ほとんどの方はフラワーショップなどで依頼することが多いと思いますので
ショップの方におまかせして大丈夫です。

まとめ

お祝い事とはいえ、気を遣うことが多いのも事実です。
歳を重ねてからの祝い事となれば、マナーの面でも気を付けたいですね。

友人の幸せ顔を想像して、自分もハッピーになりたいものです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする